私達の勉強会

2018-12-30

平成30年12月16日 中医学勉強会

『不妊症と補腎薬の活用方法』                           遼寧中医薬大学客員教授 中医学講師 劉伶先生

現代は結婚の年齢が高くなっている為か子供を望む年齢も高くなっています。
長年、不妊症に取り組み、理論的な面は極めてこられた先生でも高価な漢方を長期に使って頂いても出産にこぎつけない事に対する悩みもあるようです。
しかしながら、先生がタイアップしているクリニックによると体外受精の成功率を20数%から40%弱まで上げる事ができているという実績を示されたとの話をされました。(年齢は30代後半から40代が多い)
この数字の示す意味は漢方で身体をバックアップさせて高度生殖医療を行っても10人中6人は難しいという事になります。
ただ、漢方をしっかり使う事で40歳以上でも自然妊娠したり・卵胞が育たず採卵できない人が採卵できるようになったり、筋腫が多くて着床しにくいい場合も妊娠出来たりなど奇跡とも思える事も経験されていて、その症例についてお話頂きました。

子供はやはり授かりものなのだと思います。
ただ、中医学を学ぶ私たちは基礎理論をしっかり把握してそれにそって使って頂ける事が大事だと感じました。

一概に不妊といっても無月経の場合もあれば生理不順の場合、また生理痛の有無など違いがあります。
また、医療の結果として卵胞数が少ない・胚の分割が悪い・着床障害など状態に応じた中医学的な考え方の違いがあります。
また流産についても中医学のとらえ方があり、胎動不安「堕胎」「小産」、一定の時期に流産してしまうのを「滑胎」といいそれに対する弁証論治があります。

月経周期は陰陽転化の法則にそっていると考え周期に合わせて漢方薬を使っていく方法が効果的と言われています。
陰陽は互いがあって存在し、対立・制約し、陰から陽に陽から陰消長・転化を繰り返すという変化が生命誕生と関係のある月経という営みの中にある事は感慨深い気がします。

月経期・・・瀉陰
行気活血と(補気・疏肝・袪湿・止血)
卵胞期・・・陰長
滋養肝腎と(活血・疏肝・利湿・清熱)
排卵期・・・重陰転陽
活血補腎と補気
高温期・・・陽長
補血温陽と(補気・活血・疏肝・安神・補腎)

高度生殖医療を行う場合の漢方薬の使用する時期や漢方薬の組み合わせの割合など先生の経験からの方法について症例を紹介しながらの講義でした。

中医学では「補腎填精」という言葉があります。充填の填でいっぱいに詰め込むイメージです。
内経に女性は7の倍数で転機がくると書かれていて、以下のようになっています。
7×1 7歳 腎気が盛んになって歯が生え変わり髪ものびてくる。
(人の生長・発育・生殖には腎気がかかわっています)
7×2 14歳 天癸に至り(腎陰・陰精が充足した事)任脈が通じ・太衝の脈が盛んになり月経がはじまる(任脈・太衝脈は月経・妊娠と関係しています)
7×3 21歳 腎気が充満する
7×4 28歳 筋骨もしっかりして髪も美しく身体が一番壮健です。
(筋は肝血・骨は腎精・髪は血の余り(血余)といわれ血と関係が深いので、精血(肝腎)が充実しています)
7×5 35歳 顔がやつれ始めてくる・毛の切れ毛や抜け毛が見られだす(精血が不足してくる)
7×6 42歳 顔がやつれ・髪も白くなりだす(精血が更に不足)
7×7 任脈虚し・太衝の脈も衰え・天癸(腎精)竭き月経がなくなる
女性にとって血は重要です。肌や髪の美しさを保つためにも・・
だから補血薬は欠かせません。
でも40歳をすぎて不妊症の場合、天癸(腎精)についても考え補腎填精の品を使った方が効果が得やすくなると思います。
こういう漢方は動物薬といわれるものが力があるとされていて値段も高いです。
痰湿・瘀血・気滞・その他経絡の流れを悪くするものがあればそれも考慮しなければなりません。
劉伶先生の症例でも婦宝当帰膠をベースに周期にあわせて3~4種類の漢方薬や漢方食品が組み合わされています。
高くて飲み続けることができないなら何にもならなくなってしまいますから、最低限に必要なものを考え相談しながらやっていきましょう。

2018-11-04

平成30年10月21日 中医学勉強会

『問診のすすめ~婦人病~』                                                              中医学講師 邱紅梅先生

著書:問診のすすめ・わかる中医学入

5月に引き続き先生の著書『問診のすすめ』の現代医学を用いた問診の項より婦人病について講義していただきました。

不孕(不妊症の中医学用語で不育を含む)着床力 

①内膜の厚さと質をどうみるか?

 内膜は厚みと柔らかさがあるほうが着床しやすい。

 経血量は内膜の厚さとも関係している。

女性の生理機能を血の道といいます。
血の濡養作用は月経・妊娠・出産などにおいて重要です。
卵子も濡養作用によって成長します。
しかし血は気の推動力によって働く事ができるので気血という言い方をします。
“血とは脈管内の赤い液体であり、主に水穀の精微から化生されてできる”
となっています。
ですから月経が少ない事は血の不足(血虚)とみます。
『肝は血を蔵す』『心は血脈を主る』肝血虚・心血虚が関係します。
また肝腎同源・精血同源といい、『腎は生殖を主る』ので関係します。

 内膜が薄いのは 肝血虚・心血虚・腎精不足・腎陽虚・気血両虚などの可能性があります。

血虚・腎精不足は材料不足ととらえ、腎陽虚は転化するエネルギー不足と考えます。
また気血不足は脾の血をつくる力の不足により血の不足となります。

②内膜の硬さをどう考えるか?

中学的見方・・・瘀血が関係する
子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣嚢腫・子宮腺筋症・卵管・子宮腔の癒着など
・月経痛が酷い・血塊
・排卵痛・性交痛・排便痛
・経血量は過多
瘀血は原因から色々なタイプがあるが気滞血瘀・寒凝血瘀が多いと感じています。
気滞血瘀はストレスと関係していますが、特にストレスは無いと言う人でも、几帳面だったりすると、そうでない状態が気になっていたり、また面倒見のいいひとやよく気が付く人なども気を使いすぎている場合の気滞血瘀もよくみられます。
寒凝血瘀も多く、薄着やよく冷たいものや生ものを摂るなどによる血瘀もよく見られます。せめて月経中は冷やさないようにして冷たい物は避けるようにしましょう。

③内膜の感受性

内膜の厚みは15mm以上あって、グレードの高い受精卵を胚移植しても着床しない場合は着床力の低い状態といわれるが、邱先生の経験則からいってほとんどが瘀血だそうです。
なるほどという感じです。どんなに気血が充実していても、腎精が充足していても運ぶルートが閉塞していては何にもなりません。
瘀血は万病のもとといいますが、全くだと感じます。

2018-10-07

平成30年9月16日 中医学勉強会

『中薬学と方剤学』                                                                                 武藤 勝俊先生

武藤先生はまだ中医学が今のように浸透していない時代に中国留学にして北京中医薬大学を卒業なさっています。
30年少し前、漢方は大塚敬節や森道伯など日本の漢方家の本で学んでいたものの中医学に関しては学び始めでしたので、武藤先生に中医学の基礎理論を教えていただきました。
今回は中医学の基礎に戻って中薬学・方剤学をみてみましょうという事でした。

中薬について
薬学部では薬効のある動植物は生薬といい薬用部分や成分など学ぶのは生薬学といいます。
中医学では効能のある動植物を中薬といいます。
生薬学とは全く異なる形式で分類されています。この中薬はどういう状況の時にどういう使い方をするのかという事が分類の基本になっているように思います。

中薬学の基本になっている書物はいろいろありますが、最古の薬学専門書は『神農本草経』です。
中薬を上品・中品・下品に分けています
上品…命を養う薬。長期に服用しても害がなく、抵抗力や治癒力を高める。
中品…養生を目的にした薬。病気予防・体力増強に用いる。
下品…病気を治す薬。薬効が強いが毒性も高いので長期に服用するには注意が必要。
*『命を養う力のあるものを上品とする』この事は予防していく事に重きを置いていた事がわかります。私たちは時々病の方ばかり見ていて、命の事を振り返らない事があるように感じます。

医者についての記述もあります。
上医は未だ病まざる者の病を治し
中医は病まんとする者の病を治し
下医はすでに病みたる者の病を治す。
*この理屈から言えば西洋医学の医師は下医という事になりそうです。現代社会においては病院や医院は病気になったら行くところなので仕方ないと思います。
病になってしまえば、治療は大変になってしまいます。抗生物質などもない時代には病にならない事が一番大切だったのだと思います。
それでも副作用の大きい下薬を服用しない為にも、自分の体質や状態に留意して体質を強化しておくことや、病気の芽を摘んでおく事が大切です。
体質を知る手立ては中医学には沢山あります。

中薬学では産地や採集時期など規定されています。
*これは生薬学も同じです。たとえばドクダミは花期全草とかで、一番薬効のある時期です。
また、植物の種や球根を持って行って別の土地に植えても同じ薬効が得られない事も多くみられます。

炮製
毒性や刺激性の軽減や除去・薬性の改変や効果の増強・貯蔵や保存の便宜性などの為に行う様々な作業。
例えば附子は猛毒のトリカブトの根ですが、熱や塩や圧力などで毒性を減弱したものです。
*そういえば石川県でふぐの卵巣を何年か塩蔵したのちまた時間をかけて粕漬けにして無毒化して食べる珍味があるそうです。

寒・熱・温・涼に分けたり、味を示したりしています、味は薬性と関係しているからです。
例えば当帰は甘・辛・苦・温と記されています。
この表示だけでも当帰は補益性があり、穏やかで、気血を巡らし、冷えをとり便通などもよくなるという事を示唆しています。
また、昇・降・浮・沈の性質がしめされています。

帰経(中薬が作用する経絡や臓腑)・毒性・配合・禁忌(配合・妊娠・飲食物)・用法用量などとても細かく記載されています。

分類
中薬学では効能によって薬物を分類しています。
解表薬・清熱薬・瀉下剤・芳香化湿剤など19項目に分類されています。
しかし動植物ですから効能は1つではありません。
たとえば晶三仙に入っている山査子は消道薬に分類されていますが破気化瘀の働きがあるので産後の瘀阻に使われると書いてあります。

方剤学について
治療の方法や方剤の効能やその処方の意味について書かれているのが方剤学です。
*つまり漢方薬には処方があります。その内容が方剤学には書いてあります。
たとえば、よく知られている葛根湯は麻黄・桂枝・芍薬・大棗・生姜・甘草・葛根が処方内容です。
葛根湯は解表剤に分類されます。解表は汗を出して風邪(ふうじゃ)を除く事です。
解表剤は更に1、辛温解表 2、辛涼解表 3、扶正解表に分類されています。
感冒にかかった場合、体質や症状の出方によって使う漢方薬が違うので分類しています。
冷えや寒気が強いのなどの場合は風の邪気だけでなく寒の邪気も入っているので、体を温めて発汗する方法辛温解表という方法を用い辛温解表剤の中から適したものを選ぶ事になります。
また、風の邪気と熱の邪気が入った場合は、熱を温めると熱は更に過熱されるので、こんどは涼しくさせながら発汗する辛涼解表という方法で治療します。その場合は辛涼解表剤の中から適した方剤を選びます。
また、体質が虚弱で正気の虚があるときは発汗により体力を更に低下してはいけないので正気を扶助しながら発汗する扶正解表という方法で治療します。その場合に使うのが扶正解表剤に分類される方剤です。

ただ 解表剤の所に分類されていなくても解表できる方剤もあります。
勝湿顆粒は芳香化湿剤に分類されていますが、効能は解表化湿・理気和中ですから解表の働きをもっています。

方剤の処方だけでは足りない場合の加減について書いてあります。

*加える事によって働きとして足りなかったり、または働きを強化するために中薬をくわえたり、あるいは方剤ごと加えたりします。
板藍茶や五行草茶やサージその他漢方食品としてでているものは加える為に出ているといっても言い過ぎではないと思います。
もちろん単味でも働きがあるのですが、相乗効果が期待できると思います。

« 次の記事へ