病気と漢方

2019-07-08

糖尿病は尿に糖が出るからついた名前です。
尿がドロドロした感じになって甘い匂いがする病気を『消渇』といいます。
「多飲・多食・多尿・身体消痩を以て消渇、或いは尿濁、尿有甜味を特徴とする病気」
と定義されています。
糖尿病とは書かれてはいません。
症状がなにもなくても現代は血液検査によって血糖値を知ることができます。
つまり消渇よりももっと以前に糖尿病になりそうだ・・と知る事ができます。

消渇の原因は素体陰虚・飲食不節・情志失調・労欲過度
病気の進みは上消・中消・下焦のように肺・胃・腎と進んでいきます。
病気の本質は陰虚で症状に対する対応は燥熱です。
肺熱・胃熱が強い状態だと津液・陰液はさらに不足して陰虚の状態が酷くなっていきます。

津液を失わないためにもその熱を冷まして津液を補っておかないと身体が陰虚になってしまいます。

陰虚になると虚火(いらないエネルギー)が身体の機能を動かします。
血糖値の上昇にもつながると思います。

そもそも血糖はエネルギー産生に必要です。
血糖は恒常性をもって一定に保たれています。
血糖値が低くなりすぎると危険です。
脳が働けなくなって意識障害を起こし死に至ることもあります。

私達はいつでも身体に対して食物を摂取できるわけではありません。
時に忙しくて昼ご飯が食べれば買ったなどという事もあると思います。
それでも低血糖にならずにすんでいるのは食物が入ってこなくても貯蓄した分を使って血糖をつくっているからです。
これが身体のもつ恒常性です。

中医学でいう陰陽のバランスは身体の恒常性維持に大切です。
陰虚とは陰が足りない状態ですので滋陰という方法で陰を扶助しなくてはいけません。
陰虚だと虚熱が生じます。
この虚熱といういらないエネルギーが身体を不必要に動かします。例えば分泌しないで良いものを分泌させたり、神経を興奮させたり免疫機能もおかしくします。

陰陽は相対的なもので、静は陰と動は陽です。物質の関しては形があるものは陰、空気のように形のないものは陽なので、気血津液精を分けると気は陽で血津液精は陰になります。
陰虚は血津液精の不足は陰虚です。
つまり身体の形態に関わる部分が足りない、衰えという事が陰虚です。

なかなか理解しにくい部分ですが、とても大事な事だと理解しています。
糖尿病の原因の1つに素体陰虚があるので、体質的に陰虚があれば病気にならないうちに陰を補う(滋陰)すればいいのではないでしょうか?

特に先天と関係の深い腎陰を補うと良いです。
六味丸・杞菊地黄丸・八仙丸など体質改善の為、また滋養剤として使えます。

糖尿病がこわいのは血液中の糖が多い事で次に起こってくる病気、つまり合併症です。
糖尿病性腎症・糖尿病網膜症・糖尿病性神経障害・壊疽などすべて瘀血です。
糖尿病における血瘀証の研究はすすんでいます。
丹参・赤芍・川芎などの活血化瘀薬を服用すると血瘀証の予防になります。
瘀血の状態が酷い時は水蛭などの破血薬も使います。

また疲れやすい・息切れしやすいなどの気虚の症状を伴う時は単なる気虚でなく気陰両虚の場合も多く麦味参顆粒もつかえます。

消渇と関係が深いのは肺・胃・腎ですが五臓は相生相剋の関係で影響しあっていますし特に肝は『疏泄を主る』といい気のスムーズな動きと関係しているので大きく影響します。

肝はストレスと関係が深くストレスを受けるとスムーズな気の流れが滞ります。停滞は化熱を生むので壮熱とも関係します。

生理学でもストレスにより身体の血糖を上げるようにする仕組みが働く事がわかっています。
昔、狩りをするときや敵と戦う時にエネルギーが沢山必要だった事を身体が覚えているのではないでしょうか?

とにかく、身体の声を聞き体調の変化に柔軟に対処して身体のバランスをとっておくことが一番の予防だと思います。
もちろん、食養生や生活の養生をすることは欠かせません。

糖尿病の生薬製剤

シノミッテル  ホノミ漢方(剤盛堂)

効能 効果:糖尿病、血糖増加による口渇
約1月分 税込み 15,336円です。

エゾノリレンソウ配合
エゾノリレンソウは北海道の猿払川の川沿いに自生する植物で血糖をさげると言われています。
是非 お試し下さい。

2019-06-09

40歳を超えてそろそろ心配になるのがインスリンの分泌や働きに問題がある2型糖尿病です。

40歳はそろそろ身体の衰えを感じ始める時期です。
黄帝内経の霊枢に10歳ごとの身体の変化が書かれていて40歳を頂点として衰えが見え始めると書かれているそうです。

40歳は仕事も身体も円熟している時期といえますが、同時にそろそろ成人病も気になる時期にさしかかります。

どの人も老化は避けられません。せっかくの身体は大事に使う事が老化の速度を遅くする手段です。

髪・肌・容貌・筋肉ばかりでなく内臓も老化してきます。
インスリンを分泌する膵臓もこれを受け入れて蓄えようとする力も弱くなってきます。

内臓の弱りをバックアップするには養生が大事ですが、食後の高血糖を未病ととらえてどうするかを考えます。

糖尿病に関して中医学では従来 『消渇』ととらえ病気の進みを上消・中消・下消に分類していました。
しかし2006年の中医臨床の糖尿病の特集にもそれは検査のない時代のものだとかかれています。

現代は血糖値だけでなHba1Cの値から過去2か月くらいの血糖値の上りも知ることが出来ます。

従来空腹時血糖を調べていましたが、最近食後の高血糖が糖尿病予備軍として問題視されるようになりました。

お客様でもHba1Cは高くないけど食後の血糖値が高いといわれたとおっしゃる方が結構いらっしゃいます。

未病先防で予防するに越したことはありません。
食後の高血糖はインスリンの分泌量が少なかったり・分泌する速度が遅かったりする為、血糖値が下がらず高血糖となってしまうそうです。

空腹時血糖が正常でもインスリンの分泌量が少なかったり、分泌速度が遅かったりするのは血液中のブドウ糖の処理能力は低いという事で『耐糖能異常』の状態にあるのだそうです。

糖尿病の前段階、境界型といいます。中医学的には未病です。
こういう状態からも動脈硬化を招くそうです。
西洋医学では生活習慣の改善しながら経過観察することになります。
また脂質異常や高血圧を伴うと動脈硬化になるリスクが高くなります。

近年、食後高血糖についてとりあげられているのは食後高血糖の方が空腹時高血糖より心血管系疾患のリスクが高いことがわかってきたからのようです。

中医臨床の記事に『中国では人々の生活が豊かになり、食生活が大きく変化し、糖尿病をはじめとする生活習慣病の問題が深刻化しています。』とあります。

つまり食生活が豊かになった事、飽食と糖尿病は関係が深いという事です。
それは中医学的には脾・肝の問題と言えると思います。

暴飲暴食によって傷つくのは脾胃です。

インスリンを分泌するのは膵臓ですが、膵臓は外分泌系と内分泌系の両方を有します。
膵液の膵管と胆汁の総胆管は合わさって十二指腸に注ぎます。
胆汁は間接的に脂質の消化を助け、膵液はタンパク質・脂質・炭水化物の分解に関わる酵素が含まれます。

『脾は運化を主る』といい栄養や水分の消化吸収と関係していますし、肝の疏泄機能により消化液のスムーズな分泌がなされています。

膵臓が弱ったり老化すれば外分泌にも内分泌にも同じようにあると考えられるのではないでしょうか?

中医学においては脾の運化機能を高めると同時に肝の疏泄機能もアップするようにすることが大切だと思います。

これらの機能を助けるように漢方薬や養生食品を摂ることは脂質異常にも役立ちます。

更に動脈硬化を視野に入れて考えれば活血化瘀薬も切り離せません。

食後高血糖と言われた方で、食事は注意しているのにとか・胃がもたれる・お腹がすかない・お腹が張ったり、・いつもドロドロした便だったり、下痢しやすいなどの症状がある時は未病のうちに体質に合った漢方薬を飲んで健脾してみませんか?

・食後高血糖が続き動脈硬化の傾向が出てくると瘀血です。
・中医臨床に糖尿病に対して老中医の弁証型の分類と治療法がのせてあります。

①気陰両虚型・・・益気養陰活血
②陰虚火旺型・・・滋陰降火
③燥熱入血型・・・清熱涼血、益気養陰
④陰陽俱虚型・・・温陽育陰・益気生津
⑤瘀血阻絡型・・・活血化瘀・益気養陰
以上のように複雑ですから幾つかの漢方薬や養生茶が必要になります。

■糖尿病に対し血糖は食事によって代謝しきれなかったもの(食積)と考え晶三仙のような消導薬を入れた方がよいとする意見もあります。
■糖尿病でこわいのは合併症ですが、それに対しては瘀血による部分も大きいと思います。

糖尿病の生薬製剤

シノミッテル  ホノミ漢方(剤盛堂)

効能 効果:糖尿病、血糖増加による口渇
約1月分 税込み 15,336円です。

エゾノリレンソウ配合
エゾノリレンソウは北海道の猿払川の川沿いに自生する植物で血糖をさげると言われています。
是非 お試し下さい。

2018-07-03

「現在、人は遺伝子的に120歳までといわれているけど、将来150歳までになるといわれだしているそうだよ。」
「そうするとやはり腎を補わないとね。」
「さらに肝も重要だよ。肝の事を言わない人もいるけどね。」
「でも、脾胃が弱いならいくら補腎しても無駄でしょ。脾が気血生化の源なんだから気血が補充されなければ腎も肝も養われないわけだし。」
「それはそうだ。」
というのは今朝の会話です。

中医学的に人生とは腎精だともいえます。腎精がつきれば人生もおわります。
腎には命門の火と命門も水があります。陰陽の根本である真陰・真陽も腎にあります。
『腎は生長・発育・生殖を主る』ですから、お母さんの体内で命の火を灯した時から腎の機能によって生長してきたといえます。私達が生まれ生長し・次の世代へ命をつなぐ仕組みは腎の力によるものです。
だから腎は解剖学的な腎臓でなく、つくり育てる事に関わるすべての営みが腎気、その力の元が腎精でそれらを主るのが腎です。
遺伝的に人生150年が可能になるという事は先天の本である腎(腎気・腎精)がより充実したに他なりません。

昔の書物に50代になると肝気が衰え始め、60代は心気が衰え、70代は脾気が衰え、80代は肺気が衰え、90代は腎気が衰え、100才になると五臓すべてがすっかり弱ってしまうとなっています。
腎気は命と関わっているので最後に衰える臓になっていますが、実際は腎気の力を表わした曲線は生まれたときから上昇し女子7×4才(28才)・男子8×4才(32才)をピークに下降していきます。だから下降曲線をゆるやかにしたいなら腎精を補うと良いわけです。

50代にまず肝気が衰えるのはうなづけます。その頃視力の衰えを感じる人は少なくないと思います。『肝は目に開竅する』といって肝の状態は目に表れてくるからです。
私は近眼ですが50才を超えた頃から近眼のめがねで本が読みにくくなり、始めは度をおとすくらいで大丈夫でしたが、今は遠近両用を使っています。
また、『肝は筋を主る』『華は爪にある』といい、足などの筋がつりやすくなったり、爪がもろくなったり、柔軟性を失って硬くなったりします。
さらに『肝は血の蔵』なので、肝が衰えると血の滋潤作用も低下し肌の乾燥・しわやしみが増える・髪がパサパサして白髪も増えるなどの症状がでてきます。
婦宝当帰膠で肝血を補ったり、杞菊地黄丸などで肝腎を補いましょう。

60代になり心気が衰えるとと動悸がしたり、気が弱くなってくよくよ考えたり、眠りも浅くなったり・小さな事で不安になったり涙もろくなったりします。
心には心臓の血液を送り出すポンプの働き(血脈を主る)と思考(神を臓す)する働きがあります。
例えばいやな話しを聞いて「心臓がどきどきして不安になった。」という場合心の2つの働きが影響を受けていると言えます。
動悸・息切れ・口が乾くなどの時は麦味参顆粒、
動悸・眠りが浅い・くよくよ考えやすい・物忘れが多いなどの症状がある時は心脾顆粒を、動悸・寝つきが悪く眠りも浅い・気持ちがざわざわする感じがする・舌がぴりぴりするなどの時は天王補心丹を服用すると良いです。
また心の駆血作用がよわまり瘀血がある時は冠元顆粒を併用すると良いです。

70代は脾気が弱るので、栄養の消化・吸収や水液代謝などが弱ってきます。さらに、脾気の統血作用が弱くなると出血傾向になります。疲れ易くなり、中気が落ちると内臓が下垂します。
補中益気湯・心脾顆粒・健胃顆粒・健脾散などで脾気を高めましょう。
脾は肺と相生関係で脾の衰えは肺の衰えにつながっていきます。
気血生化の元ですから、脾気が衰えると五臓全部が養われないのでしっかり補いましょう。

80代肺気が衰えます。『肺は嬌臓』といわれています。外とつながっている為に細菌やウイルス・ほこり・花粉・カビなど外界の影響をうけやすいからです。
鼻・喉は肺衛といって侵入者を入れないようにしている部分ですが、そこも弱くなって邪気を入れやすくなります。衛益顆粒(玉屏風散)・麦味参顆粒などで力をつけるとともに、風邪の季節には板藍茶で守りを強くしましょう。
また時にシベリア霊芝などを飲んで免疫力をアップしましょう。

90代は腎精を補いましょう。力のつくものが良いです。亀鹿仙・参茸補血丸・参馬補腎丸など精つくものを飲んで身体を滋養しましょう。

この養生法は先回りするのがベストです。衰えてから補うのでなく衰える前に補うのが未病先防の心得です。

*私自身は昨年の夏に胃腸を弱くしたので健脾散又は健胃顆粒・五行草茶・冠元顆粒をお湯に溶かしてのんでいます。
数年前に60代になり「あれ・これ」が増えたので毎朝のカフェオレに香ロゼア2袋をいれています。

健忘に良い心脾顆粒も1日1回はのんでいます。
すべて脾にやさしい漢方薬です。
あと薬膳としてヨーグルトに枸杞の実・なつめ・くるみなどを入れています。
老人性疣贅の予防のため薏苡仁をご飯に炊き込んでいます。
腎精を補う為、亀鹿仙を週に2~3回飲んでいます。
元気で一生中医学と関わって行きたいと思っています。

« 次の記事へ