ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

■花粉の季節はマスク・手洗い・衛益顆粒!
今期の花粉は多いそうですが、花粉症も性質は風邪(ふうじゃ)です。ふうじゃの特徴は症状が急・上部(鼻や目やのどなど)を犯す・変化しやすいなどです
衛益顆粒(玉屏風散)は屏風(びょうぶ)が玉(石)でできていれば丈夫で強い屏風だと思います
そういう名前ついているのはバリアを構築するのによい漢方薬だからといえます
もう季節入ってしまいましたが、少しでもバリアをバックアップしましょう

新発売!! 逍遥散
春は肝の季節です
五行では木
木がのびのび枝をのばすように、心をのびのびさせましょう
それが難しい時は鳥が大空をゆったり飛ぶ様子が名前になっている逍遥散を服用してみませんか?

狭山台店 第3木曜日はお休みです。

最新記事

  • 私達の勉強会

    2月の勉強会は仝選甫先生の「眼科疾患について」の講義でした 仝先生は昨年成都中医薬大学病院の耳鼻科研修の際、引率してくださった先生で、中医五官病の専門の先生です 五官とは目、鼻、耳、唇、舌を指し、それぞれ五臓の官です。 …

    31年2月勉強会

  • 私達の勉強会

    1月の勉強会は何暁霞先生の動物生薬に関しての講義でした。 動物生薬には哺乳類・鳥類・魚類・両生類・爬虫類・虫類・甲殻類など色々あります 『血肉有情之品』 血も肉もあり、情もある・・・人に近いという事 『同気相求』   人 …

    平成31年1月 勉強会

  • 私達の勉強会

    平成30年12月16日 中医学勉強会 『不妊症と補腎薬の活用方法』                           遼寧中医薬大学客員教授 中医学講師 劉伶先生 現代は結婚の年齢が高くなっている為か子供を望む年齢も高 …

    平成30年12月 勉強会

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

31年2月勉強会

2月の勉強会は仝選甫先生の「眼科疾患について」の講義でした

仝先生は昨年成都中医薬大学病院の耳鼻科研修の際、引率してくださった先生で、中医五官病の専門の先生です
五官とは目、鼻、耳、唇、舌を指し、それぞれ五臓の官です。
今回は昨年、発売になった星火睛明丹について使われている中薬の説明と先生の眼科疾患の症例についてでした

眼科で使われる石決明の入った製品が待たれていましたがやっと発売されました

睛明丹の成分

石決明

平肝熄風薬に分類されています
平肝熄風とは肝は血と関係が深く肝の陰血の不足により肝陽が抑制できず陽気が浮上するのを抑え、陽気の浮上により肝の主気である風が起きる(内風)のも抑えるという意味です
つまり身体(肝)の弱りによって頭部などの上部に腫れや痛みや赤くなるなどの熱の症状が出て、内風の為めまいやふるえなどがでるなどに使うという事です
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中薬学では以下のように書いてあります
肝火を清する とともに肝陰を補い、重鎮で潜陽する
肝陽上亢の驚風抽搐・目赤翳障・青盲雀目(緑内障)などに適する
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
肝陽上亢の症状があれば使うと良いです。
肝陽上亢なら目の病気になりやすいともいえます
まず肝陽を鎮め・肝陰を補う事です

白僵蚕

これも平肝熄風薬に分類される中薬です。熄風解痙の働きがあるとされ中医では顔面神経麻痺の時使ったりします。
足厥陰肝経を突き貫くように巡り・・・と書いてある所をみると経絡の気血の流れを通す働きが強いようです。化痰散結となっているのはそういう所からも来ているのかもしれないと感じます。
散結は固まりを散らすイメージでしこりにつかいます。
また、風泄熱となっているので風熱型のアレルギー症状に使えます。
*石決明と白僵蚕の組み合わせで、身体の内側からくる目のかすみや濁りにも風邪(ふうじゃ)による結膜炎などにも使用できるようです。

決明子

軽楊の気を受けて、昇降できると中薬学に書いてあります。肝胆鬱熱・風熱外襲による頭痛目赤にも肝腎陰虚による目暗不明にも使用でき『眼科の常用薬物』と称されるそうです。
これは、細菌やウイルスや花粉症など外的因子・環境因子による目の充血に使える他 高血圧など身体の内側に原因がある充血や視力減退にもどちらも使えるという意味です。
ただし潤腸通便の作用もあるので軟便気味の人や下痢しやすい人には使えません。

酒黄精

脾気・脾陰を補い、肺を潤し腎精も益します。
酒で炒ると薬力を上部にもっていくとされています。

その他ルテイン・ゼアキサンチン・アサタキサンチンなども入っています。

目の病気と漢方

緑内障

視神経が障害され視野が狭くなる病気です。
①眼圧が高くなることで視神経が障害される
②正常眼圧なのに視神経が障害される

眼圧は房水という眼球を満たしている液体の産生と排出のバランスによって一定に保たれています。
房水の排出が停滞してうまくいかなかったり、排出口が塞がったりして眼圧が上がります。
手術が必要な場合もあります。
正常眼圧緑内障の場合は眼圧に対して視神経が弱いからと考えられているようです。
ちょうど中医学でいう扶正祛邪の関係のようです。
こちらは特に日本人には多いそうです。

中医学では房水に対するアプローチとともに弱い部分をバックアップするように考えます。
*活血通絡・利水・補腎養肝明目です

加齢黄斑変性症

黄斑部は物の形や大きさ 色 明暗などを見るのに大切な部分です。
加齢によりそこに新生血管が出来たりそこの毛細血管が委縮したりする病気です。

中医学ではその現象を脾虚湿困・痰瘀互結・肝腎不足・陰虚火旺などと考え健脾利湿・活血通絡・養肝明目などの方法をります。
*新生血管ができるのも血管の萎縮も瘀血を考えると思いますが、新生血管は切れやすく出血すると見えない事につながります。

*9月に中医眼科の来日するのでその先生の治療についての話がありました。
糖尿病網膜症に対して 補虚活瘀、通絡明目・・・これは先生の臨床経験からの事だそうです。

目はとても大切です。
杞菊地黄丸などの漢方薬や睛明丹・枸杞の実・決明子(炮じハブ茶)などをのんだり目に良い事をやっていきましょう。