ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

暑邪に注意!
猛暑になっています。
暑邪は炎熱の邪気で湿も絡んでいます。心は五行の火で炎熱により炎上すると血脈にも影響しますし、眠りや思考にも影響します。
『暑熱が外迫して発汗が過多になるために傷津がおこり、津液とともに気も外泄するので気津両傷が発生する』…これは方剤学の生脈散(麦味参顆粒)の病機の一部ですが熱中症の熱疲労の状態です。
夏の間、体力のない人は毎日・体力のある人もお出かけする時やスポーツをする時に麦味参顆粒を服用して元気に過ごしてください。

◆8月の第3木曜日の午前は中医学講座を行います
*『気血津液精ってなに?』
  8月15日(木)午前10時00分から11時30分まで
  費用:資料代として500円(当日)
  お申し込みは8月9日(金曜日)までにお電話下さい
   ☏ 04-2958-2906
◇狭山台店 第3木曜日は定休日です

最新記事

  • 私達の勉強会

    関節の病気 中医学で関節痛や筋肉痛などは『痺証』の範疇で考えます。 今月は『補腎活血法による骨痺・骨痿・骨蝕の中医学治療』について広州中医学大学第一付属病院骨傷センター長の何 偉先生の講演会で勉強してきました。 演題にあ …

    令和元年7月勉強会 講演(何偉先生)

  • 病気と漢方

    糖尿病は尿に糖が出るからついた名前です。 尿がドロドロした感じになって甘い匂いがする病気を『消渇』といいます。 「多飲・多食・多尿・身体消痩を以て消渇、或いは尿濁、尿有甜味を特徴とする病気」 と定義されています。 糖尿病 …

    『中医学で考える2型糖尿病』

  • 病気と漢方

    40歳を超えてそろそろ心配になるのがインスリンの分泌や働きに問題がある2型糖尿病です。 40歳はそろそろ身体の衰えを感じ始める時期です。 黄帝内経の霊枢に10歳ごとの身体の変化が書かれていて40歳を頂点として衰えが見え始 …

    『食後の高血糖を中医学で考える』

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

令和元年7月勉強会 講演(何偉先生)

関節の病気

中医学で関節痛や筋肉痛などは『痺証』の範疇で考えます。
今月は『補腎活血法による骨痺・骨痿・骨蝕の中医学治療』について広州中医学大学第一付属病院骨傷センター長の何 偉先生の講演会で勉強してきました。

演題にある骨痹・骨痿・骨蝕は耳慣れない言葉ですが、中医学における痺とはつまって通じない事をさすそうで、骨痹は骨の働きがスムーズでなくなる状態、骨痿は骨に力がでない状態、骨蝕は骨が溶ける(壊死)する状態ととらえたら良いと感じます。

現代医学の変形性関節症・痛風・慢性リウマチ・硬直性脊髄炎は骨痹にあたり、骨粗鬆症は骨痿の一つで、骨壊死は骨蝕の一つにあたるそうです。

痛むという事は不通則痛(通じざれば則ち痛む)という言い方をします。
焼き芋など食べ物が胸の辺りに詰まって痛い思いをした経験はありませんか?
スムーズに通っていかないと痛みになることがあります。
血脈・経絡の気血流れもスムーズでないと痛みになります。

私達はいつも自然環境の影響を受けています。
湿気が多くて胃腸の調子が悪いとか、暑さあたりして頭痛がするとか、乾燥で咽がいがいがするとか・・・
この環境によるもので身体の調子を崩しているのが、風・寒・熱・湿・燥・暑の六淫です。

経絡は臓腑間や身体中をつないでいてその中を気血が通っています。
経絡中の気血が充足して流れていれば邪気の入り込むすきがありません。
しかし、疲労や老化や体質虚弱など色々な理由で気血の流れにすきができればそこに六淫の邪気が入り込み流れを阻害します。・・・すると痛みになります。

骨痹においての病因は(病気になる原因)は外邪による経絡の阻閉《外的要因》と過労・老化・虚弱体質《内的要因》です。

風邪をひいた時に節々が痛い・冷えて関節がこわばる・湿気が多くて関節や筋肉が重怠いなどの経験は外邪の影響で、老化や過労など弱っている等は身体の側(内側)の問題があり、尚更外邪の影響もうけるし治りも悪く慢性化しやすいという2つの観点があるという事だと思います。

痺証をおこす外邪は風・湿・寒あるいは風・湿・熱です。
寒か熱かは局部が赤く熱をもって腫れているかどうかで見分けます。
また風・湿・寒(熱)のどの邪気が多いか(強いか)などを見分けることで方剤の運用の仕方も違ってきます。

痛みになるのは通じないからで考えれば瘀血を考慮するのは必須です。
またある一定の年齢になって関節痛になることや関節は骨と関係する事を考えれば、骨を主る腎の弱りが根っこにあると考えられます。

膝痺(膝関節症)に関しても腎虚(腎の弱り)があって風湿寒熱の邪気が誘因となり瘀血閉塞する事を念頭におくと
1骨を丈夫にする(補腎強骨)
2血の流れや経絡の流れを改善する(活血止痛・通絡止痛)
3邪気を追い出す(袪風・散寒・化湿・清熱など)

養生も重要です。
1、運動・・・関節周囲の筋力を増し安定性を上げるのに重要
2、体重のコントロール・・・肥満と膝関節痛との顕著な相関関係がある
3、精神状態の安定・・・心と痛みと関係ある
*中医学では気滞血瘀という言い方もあるが気の巡りが悪いと血の流れも悪くなり瘀血となる
 
次に骨痿についてです。
症状は腰・背中がだるい、下肢に力が入らないなど力不足の症状で骨粗鬆症などもこれに含まれます。
病因と機序は腎精虧虚と瘀血阻絡です。
腎精虧虚は腎虚のうちですが腎精の不足となると更に力のあるもの益精血の品が必要になります。

この場合も腎虚、腎精不足は腎陽虚か腎陰虚かによって違ってきます。

骨痿の予防は元気に年を重ねる為にとても大事です。
中医学の養生にそって飲食に節度があり、栄養をしっかりとり、規則正しく寝起きし、身体をやたらに疲労させず、気候に合わせて生活する
この養生は黄帝内経のはじめにのっています。

骨蝕は大腿骨頭や上腕骨頭等の壊死症についてレントゲンの画像を見せてもらって説明をうけました。
病因は①腎陰不足による虚火が腎精を消耗したり、腎陽不足により腎生髄の機能が低下して骨が養われない②瘀血により脈絡がつまって骨が養われない③酒の飲みすぎにより生じた湿熱が脈絡につまって骨が養えない・・などです。

瘀血の原因が気滞か腎虚か痰瘀の両方かによって治療法も違ってきますが、活血化瘀と行気・補益肝腎・祛痰化湿を組み合わせます。

そういった温存療法で経過観察のレントゲン写真の中に最長22年後というのがあり驚きました。

*大腿骨頭壊死症は何らかの原因によって血流が低下する事によって起き、一定量のステロイド剤の長期内服やアルコールの長期大量摂取なども原因になるそうです。