ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

もう師走ですが、温かかったり急に寒かったりで風邪の人やお腹の調子が悪い人が多くなっています。
温かく消化の良い物をゆっくり食べ・睡眠を十分とって衛気をたかめておきましょう。
衛気は風邪など外から身体に入り込む邪気を防ぐ防衛隊のような気です。
もうすでに何度も風邪をひいてしまっているという方は衛益顆粒を服用して衛気を高める力をバックアップしてください。

インフルエンザも心配です。
板藍茶や板藍のど飴も使いはじめましょう。

ゾクゾクして汗がなければ葛根湯、汗があれば桂枝湯!
のどが痛くて腫れっぽい熱っぽい感じがあれば天津感冒片!
早めの対処が大切です。

・狭山台店からのお知らせ
中医学講座『感冒~風邪の漢方の使い方』
日時:12月20日(木曜日)10:30~12:00
費用:500円(資料代として)
*受講希望の方は12月17日(月曜日)までに狭山台店に連絡してください。
狭山台店 04(2958)2906

最新記事

  • 私達の勉強会

    平成30年11月18日 中医学勉強会 『食養生』                                                                      中医学講師 劉桂平先生 食養生の …

    平成30年11月 勉強会

  • 私達の勉強会

    平成30年10月21日 中医学勉強会 『問診のすすめ~婦人病~』                                                              中医学講師 邱紅梅先生 著書:問 …

    平成30年10月 勉強会

  • 私達の勉強会

    平成30年9月16日 中医学勉強会 『中薬学と方剤学』                                                                                 武藤 …

    平成30年9月 勉強会

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

平成30年11月 勉強会

平成30年11月18日 中医学勉強会

『食養生』                                                                      中医学講師 劉桂平先生

食養生の重要性
 ①人は食によって生命が維持されるので食養生は重要。
 ②病気の原因を考えるに食が関係することも多い。
 ③病気の原因は個々の違い・気候や時間などを考慮・地域性などを考える必要がある。
 ⇓
  日本人の体質(農耕民族だった事など)
  日本の気候風土(四季の変化・冬の乾燥・高温多湿な夏)
   → 疾病の時期を考慮

中医学で疾病は邪気によっておこると考えています。
外界から入ってくる邪気(風・寒・湿・熱・燥・暑)六淫といいます。
他に内生の邪気(瘀血・痰湿)などがあります。
正気が邪気に勝てば疾病は生じません。
例えばこの夏は猛暑でした。
夏ごろから体調を崩していれば、暑邪の性質を考慮します。
暑は炎熱ですから、炎症・興奮・紅い・腫れるその結果として乾燥、さらに陰虚になるなど・・・時に発汗や消耗による気の消耗から陽虚になる場合も
また暑は湿を絡めてくるので脾胃の損傷・胃腸炎・しつこい皮膚炎など
炎熱も結果として乾くという事がおこり、湿による下痢から潤い不足がおき、秋の気は燥であることから津液不足・陰虚傾向が更に進む事など考える必要があります。

治病求本・・・病を治そうと思うなら本質(原因)考えるという事・・・食養生
       体質改善には胃気(食欲が大切)
       健脾益胃(脾胃の働きをよくする事は食養生につながる
     *中医学の食養生は栄養学的観点でなく脾胃(胃腸)を補助する事を考える
      吸収と排泄は重要!
     *自然の摂理に従う・・・旬のものを摂り腹八分
     *中医学の考え方・・・「食治則身治」(食生活が良くなれば身体は治る)
                「安身之本、必資於食」

中医学は西洋医学のように深く部分を診る医学ではありません。
全体観といい身体全体をみるばかりでなく気候など環境因子も含めて全体を考え、人が備えている恒常性を維持しようとする力、治癒力を回復させようとするものです。
人の身体は生まれつき与えられた成長すると力(先天の精)飲食物の摂り込みによって滋養され、エネルギーもできる(後天の精)と呼吸による清気のとりこみによって維持されています。
だから、身体に必要な飲食物を必要なだけ必要な形で摂取する事、それを摂り込む機能である脾胃が健全である事は治癒力と深い関係があるという事です。

昔から言われる病気と食事の関係
  脂っこいものを摂る、美食しすぎるとおできなどの出来物ができる
  食べ過ぎは胃腸を損傷する
  飲食の不摂生は百病に通じる
中医学による良い飲食とは
  淡味・・薄味
  節食・・節度ある食事
  腸をきれいに!「欲得長生、腸中常清」
ひかえた方が良い食べ物
  甘いもの(チョコレート・ケーキなど)
  脂っこいものや脂の多い肉(天ぷら・とんかつなど)
  辛いもの
  洋食・加工食品
  高たんぱくのものの摂りすぎ
  生ものや冷たい物
  コーヒー・アルコール
  タバコ
養生生活
  心を穏やかにし、和食中心で腹八分
  季節の野菜に火を通してたっぷり食べる
  バランス良くたべる
  適度な運動(適度に汗をだす)
  朝日や木漏れ日などやさしい日光をあびる
  生活リズムをまもる(食事・睡眠)
  白湯・緑茶・紅茶を飲む
脾胃をまもる漢方薬・・・衛益顆粒・健胃顆粒・健脾散・心脾顆粒他 
脾胃をまもる漢方食品・・・晶三仙・五行草茶・シベリア霊芝
腹八分の目安
 1、胃の膨張感がない。苦しくない。
 2、身体が重くならない
 3、食後眠くならない。

食養生
  胃気保護
  原因の除去・・・漢方薬や漢方食品の効きがよくなる
  体質改善・・・食養生と漢方で改善
 *情報の多くあれもこれもとなりがちです。
  自分にあった方法を知ることが大事。

*病気は邪気によると書きましたが、内生の邪気は瘀血・痰湿です。
これらはほとんど生活や飲食の不摂生からできるといっても過言でありません。
飲食物から得られ水穀の清微から気血精がつくられますが、作る能力以上に食してしまっては痰湿・瘀血を作っているようなものです。
瘀血は万病の素といいます。
養生生活で身体をいらわりましょう。