季節と病気

2010-03-01

パンダ① 春先、陽気ふつふつと出てきて温かくなり、花も咲きいい季節ですが、花粉症の方にとってはいやな季節ですね。実際は四季の養生に則っとれば、自然の命の芽生えを楽しみ、自分の内側の陽気も大事に育てる・・・という事が大切になります。でも、鼻がぐずぐす、目もチカチカ、むずむずでは体調がすぐれず、「自然なんか感じていられない!」といっても仕方ないとおもいます。中医学で花粉症は風の邪気によるものです。

 風の性質はどんなでしょう?風とは?・・・普段はあまり考えないような事ですが、中医では重要です。風は急に巻き起こって、上の方に向かいます。またあっちこっち飛び回り、葉っぱや小枝やいろいろなものを巻き込み、小枝を揺らします。また,風があると洗濯物がよく乾く事からわかるように、湿気をとばします。また陰陽で考えると動は陽、静は陰ですから動の風は陽邪です。ですから上部を犯しやすいといえます。

 花粉症は鼻かぜのようなもので、風邪(ふうじゃ)によるものですから、中医学の対応は風邪の時ににています。ふうじゃを発散して外にだしながら、正気(ふうじゃと戦う戦力)が弱らないように滋養する力を高める・・・というやり方を調和営衛といいます。代表は桂枝湯です。この中の代表選手は桂枝と勺薬です。2番手は生姜となつめです。生姜が発散しなつめが戦力アップに働きます。テレビの影響で生姜ばやりですが、是非なつめも一緒に使いましょう。

 昨日は女子薬剤師の集まりがあったので8時少し前に耳鼻科の薬局前を通ると、まだ沢山の人が待っていました。ここ2日くらい花粉症が悪化している人が多いようです。西洋医学では、抗アレルギー剤や炎症が酷い時はステロイド剤を使ったりするようです。また、最近では鼻水タイプに小青竜湯 鼻づまりに葛根湯加川キュウ辛夷というように漢方薬を出す所も増えています。しかし、実際アレルギー性鼻炎の漢方薬はこれだけではありません。

 また、どちらも麻黄・桂枝で解表(発汗作用)の強いタイプの漢方薬ですから長期服用は問題があるように思えます。発汗は戦って風邪(風邪)を外の追い出す方法ですから、身体の正気鼓舞して戦わせるわけです。つまり身体を戦闘モードにするわけですから、そのような状態がつづけば兵士は疲労してしまうわけです。もともと、アレルギー性鼻炎の人は正気・衛気の不足があるのですから戦闘モードでずっと行く事はお奨めできません。

 では、どうしたら?解表の働きが適度で、正気や衛気を補える漢方使いながら、寒気、頭痛などの表証を伴うときは強い解表剤を使うようにするようにします。小青竜湯で鼻水がとまるタイプの人で表証がなければ水気散をお奨めしています。

 水気散は苓甘姜味辛夏仁湯ですが茯苓・甘草・乾姜・五味子・細辛・半夏・杏仁。
 小青竜湯は甘草・乾姜・五味子・細辛・半夏
 +麻黄・桂皮・・・解表
 +白芍

 また、水気散に利水剤の茯苓が入っている事から脾胃を整えて水の滞りをとる力が強いといえます。水気散の効能効果の1番目が『体力の衰え』となっている事からいっても花粉症のシーズンに小青竜湯が効くタイプの人は水気散を上手に使っていきまよう。

 葛根湯加川きゅう辛夷は葛根湯+川きゅう・辛夷です。葛根湯はゾクゾク寒気がして、汗無く、後背がこわばりや節々の痛み・頭痛などの時の風邪薬です。川きゅうは去風止痛の働きがある為、風邪(ふうじゃ)による痛みに効果があり、鼻炎による鼻づまりで前額部が痛むのを治します。辛夷は風寒を散じて、鼻竅を通じ、胃経に入って清陽の気を頭におくって頭痛を治めるとあります。

 葛根湯も小青竜湯も風寒の時の漢方薬です。ところがアレルギー性鼻炎は風寒とはかぎりません。鼻がつまるって鼻や顔が熱っぽい感じとか、鼻の中が乾いて痛いとか、咽がはれて痛いとか どちらかというと熱っぽさ(熱証)を訴える方も多くいらっしゃいます。その場合は風熱に使う漢方薬に通鼻竅の働きの鼻淵丸を加えて使います。

 鼻淵丸とはどういう漢方薬でしょう?今日は鼻淵丸(ビエンガン)についてです。鼻淵って何?鼻炎じゃないの?・・・と思うかもしれません。鼻淵を中医学の辞書でみると

『外感の風寒、胆経の熱の影響が脳に及ぶ事によっておこる』
『脳漏ともいう』
『主たる症状は鼻詰まりで、臭い濁った鼻汁で、人によって鼻柱にむずがゆさをかんじる』

 意味は外界から風寒の邪気を受け、胆経の熱が頭に昇って鼻の症状がでるのが鼻淵だと言う事をいっているわけです。今風にいえば、アレルギー性による肥厚性鼻炎という感じです。前額部の痛みをともなったり、膿性の鼻汁が出たりするので、脳漏などと言ったのかもしれません。

 さて鼻淵丸ですがこんな処方構成になっています。

蒼耳子・辛夷・・・去風・通鼻竅(風邪を散らして、鼻の通りをよくする)
金銀花・・・清熱解毒(熱を清して、解毒する) この場合の毒は菌とかです
菊花・・・疏散風熱・明目(風熱の邪を散らして、目をよくする)
茜草・・・涼血活血(血の熱をさまして、血の巡りをよくする)

 蒼耳子は耳新しい名前かも知れませんがオナモミの実です。秋に草むらでトゲトゲした実がくっついてきた経験のある人も多いとおもいます。これは鼻症状のほかに関節痛や痒い皮膚炎にも使います。

 玉屏風散は『玉の屏風で風を防ぐ』という名の通り風邪を防御できる身体にするという漢方薬です。花粉症やアレルギー性鼻炎は風邪(ふうじゃ)によるという事は書きましたが、玉屏風散を日頃から服用しておくと、症状が酷くでなくなってきたり、でなかったりするようになります。もちろん風邪ひきやすい人にもいい漢方薬です。また、リウマチや関節痛などふうじゃによって悪化する病気の人の体質改善にもつかえます。

 また、風水とは急激な浮腫、関節の痛み、悪風、発熱など急性腎炎のような症状をおこす事をいいますが、風邪(ふうじゃ)の侵入によって肺の水を動かす働き(肺の宣発・粛降、肺は水道を通調するなどといいまう)が失調しておこります。これもまた風邪(ふうじゃ)が関係しています。衛益顆粒は玉屏風散製剤です。効能には虚弱体質の改善と書いてありますが、特に風邪(ふうじゃ)の侵入にたいして防御力の弱い人に的しています。症状押さえはもぐらたたきのようになりがちです、やはり長い目でみると衛益顆粒で体質を改善するのは意義のある事だと思います。

2009-06-01

 曇や雨でゆううつになりやすい季節ですが、紫陽花の花がきれいな季節でもあります。雨が降らなければ 朝 中央公園を歩きます。テニスコートの側から入った上がり口に斑入りの紫陽花があります。それがとても美しく、見るのが楽しみです。薬草の本によると 紫陽花は解熱につかわれるそうです。

「あじさいはきれいだけど・・・身体が重だるい 眠くて横になりたい 食欲もない 鬱かな?」
「それは湿気のせいだと思うよ。」
「重だるさは湿のせいだよ。脾臓の働きをおさえちゃうんだよ。」
「脾臓?」
「中医学では「脾は湿をきらう」っていうんだよ。
「もしかしたら冷たい食べ物や飲み物が多くなかった?」
「蒸し暑いので、さっぱりしたのがよくて冷やしうどんやおさしみやビールや・・・そういえば冷たいものが多かったかな・・・?」
「じゃあ食生活をあらためてみて」
「勝湿顆粒を使ってみて。湿をとって脾の働きをスムーズにすることにより、気を巡らして胃腸を整えてくれるよ。」

元気回復!!

 湿の溜まってネバってきたものが痰です。この湿気が多く、蒸し暑い頃にゆううつ感が出るときは痰が関係している事も多いようです。胃や腸の調子が悪かったり ねつきが悪い 眠りが浅い イライラ ゆううつなど痰が正常な気の流れる道を塞いでる為におきます。喉の所にいつも痰がひっかかっている感じがしたりもします。めまいがする時もあります。漢方では化痰という方法で痰を処理します。

 私はこの時季によく温胆湯を使います。

家族が
気持ちが悪い・・・といえば使い
めまいが・・・といえば使い
ストレスが・・・といえば使い・・・という感じです。
もちろん お客さまにも この季節はお奨めする事が多いです。

 何故?というと 痰熱に使う方剤だからです。また ストレス社会であることや、日本人の生真面目な性格などが精神的要素が胃の調子の悪さにかかわっている事が多いとかんじています。季節的にも湿熱(寒湿の面もありますが・・・)です。

 中医臨床(2002年3月発行)は温胆湯の特集で 方剤の分析や臨床応用が詳しく出ています。湿気は陰邪といいます。陰邪は陰の性質を持っているので冷える。・・・わけですが・・・

 湿度が上がると体感温度は上がります。気温はそれほど高くなくても暑苦しく寝苦しい感じがします。食べ物も熱い物は食べたくない・・・という人も多いようです。冷たいものは摂らないまでも、温かい物もたべない・寝るときは半そでのパジャマ・・・その隙に寒湿の邪気は入りこみます。是非、温かい飲食・身体を冷やさないという事をしてみましょう。特に 胃腸にきている人・関節のこわばりや痛みを感じている人・頭痛がつづいている人・生理痛がある人は心がけてください。

2008-03-01

パンダ⑦ 春は五臓の肝の季節です。陽射しも春めいて明るく、木の芽もふくらみ、梅がさいて、さくらのつぼみもふくらんできています。なんだか厚い服を脱いで心も身体も軽くなり、ウキウキして、自然の中で思いっきり身体を動かして遊びたくなります。・・・というのは自然の変化を自然にうけとめた姿です。

 自然界の陽気が育つように、体内の陽気も増えてきます。陽気は生命エネルギーです。この陽気が出てくるのを自然に受けとめ、楽しみながら身体を動かして発散する(多少汗ばむくらい身体を動かす)のが春の過ごし方です。春は心も身体も縛り付けてはいけません。出てきた陽気が発散できずに体内でフラストレーションをおこします。そうすると『肝の疏泄機能』が失調して精神的にくるしくなったり、めまい・動悸・不安定血圧など自律神経と関わった症状がでたり、胃腸症状がでたりします。春はのんびり、のびのび!楽しんで(遊んで)汗をかこう!

 昔から『木の芽時』といって、木が芽吹いてくる時期に心のバランスが崩れやすい事を知っている方も多いと思います。人においても陰陽はバランスよくなくてはならず、平衡の崩れは心にも影響します。肝の疏泄機能は人の身体を動かし維持するエネルギーをコントロールする機能ですから、肝の陰陽バランスは心の働きに大きく影響します。

 3月の中医臨床に江部洋一郎先生が春の花粉症は陰虚内熱陽亢化風(陰が不足した為虚熱による内熱状態で陽気が亢進して風がおきた状態)が多いと書いておられます。花粉症に限らず体調の崩れは身体の物質的な不足(陰の不足)により陽気の亢進が抑えられないために心が落ち着かずイライラしたり、鬱滞してしまったり、時に風が木の葉をゆらすようにめまい・動悸・ふるえ・ひきつりなどもおきます。肝血・肝陰を補うを基本として疏肝・理気・養心安神・清肝火などの方法で心と体調を整えます。

 この春、心のバランスの崩れに漢方茶も利用しましょう。気温の変化するこの状況に、『シベリア人参茶』が身体をバックアップしてくれます。シベリア人参茶は環境ストレスがかかった時に飲むと良いお茶だからです。2001年3月の中医臨床に『益気健脾・補腎安神』の働きがあると書かれています。心のバランスの崩れのみならず、身体がついていけずフラストレーションをおこしやすい方にもいいお茶です。また、「どうも気鬱になって何もやる気がでない。」「気力がわかない」という方には香ロゼアのバラの花の香りが元気を出させてくれます。

« 次の記事へ 前の記事へ »