季節と病気

2022-04-04

低気圧による不調

低気圧が近づくとこんな症状がある人がいます

  頭が痛い めまいがする
  膝が痛む 腰が痛む 筋肉が張って痛む
  身体が重怠い 頭が働かない

低気圧は雨や風を伴ってやってきます
台風や爆弾低気圧になると暴風や豪雨になります
また前線上に低気圧が出来る事もあって 低気圧の通過前から長く天気が崩れる事もあります

風や湿った空気は中医学では体調を崩す原因の六淫といわれる中の風邪(ふうじゃ)と湿(しつ)邪(じゃ)です
風邪(ふうじゃ)の性質は上の方に症状がでやすい・あちこち移動し変化しやすい・揺らす(めまい・痙攣・ひきつり)など
湿邪の性質は重くしつこい・下の方にいきやすい・胃腸の働きを悪くしやすい・冷えやすいなど
因みに風邪(ふうじゃ)は陽邪・湿邪は陰邪といわれます

治療法は
  風邪(ふうじゃ)に対しては解表・散風・袪風
  湿邪に対しては袪湿・化湿・利湿などの方法があります

「いえいえ 私は気圧に弱いのです」と思う方もいるかもしれません
気圧は低いのは低気圧の中央です
気圧の低い所に空気が流れ込んで上昇気流を生じ雲ができます
低気圧不調の方は低気圧が来る前から不調を感じています
時には台風が沖縄の向こうにある場合でも不調を感じて台風の存在を当てる方もいらっしゃいます
つまり低気圧のもたらす環境に不調を感じるのだと思います

症状に対しては色々使える漢方薬はあります
藿香正気散(勝湿顆粒)は風邪(ふうじゃ)を散らし・化湿する方剤です
他に 川芎茶調散(頂調顆粒) 柴胡桂枝湯 半夏白朮天麻湯 気上散 五苓散 胃苓湯 独活寄生湯(独歩顆粒) 苓姜朮甘湯(腰冷散) 五積散(五積腰痛散) その他症状に対応して使います

低気圧がきても不調にならない体質作りも大切です
まず、どんなタイプの人が低気圧不調になり易いのでしょう?
1つ目は衛気不足タイプです(防御力の不足)
・気温や気候などの環境の変化に弱い(身体がついていけない)
・風邪をひきやすい
・アレルギー性鼻炎や喘息がある
そういう方は身体を守る力が不足しています
2つ目は脾気虚タイプです(気虚や気血両虚)
・食欲がない
・お腹の調子がわるい
・車酔いしやすい
・浮腫みやすい
・疲れやすい
そういう人は食事からのエネルギーの摂り込みや水液代謝が悪い状態です

この2つのタイプの人に多くみられると感じます
衛気虚には益気固表の方剤を脾気虚の人には健脾益気の方剤を使って体質改善していきましょう

2020-10-05

中医学の基本的な考え方に人も自然の一部(天人相応、天人合一)というのがあります。
自然界の基本な事物や事象を木・火・土・金・水の五行で考え、それぞれは相生相剋の関係でつりあっています
まるで五角形の宇宙のような感じです
さらに五行と五臓・五季・五味・五季・・・・は関連しています
例えば 五行の金と関連するのは五臓の肺・五季の秋・五味の辛・五気の燥・・のようになっています

肺は燥を嫌うといいますが、秋の気は燥なばかりでなく、炎熱の暑の気の夏の次にあるので大変です
何故なら炎熱は乾かすからです
ですから身体も肺も乾き気味になっているので尚さら肺の潤いが大切です

しかしよくしたもので秋に潤肺・潤燥の果物が沢山あります
代表選手は梨で特に梨の皮は梨皮(りひ)といって漢方薬にも使われています
梨の他、柿・いちじく・バナナ・りんご・みかんなど、また山芋・きくらげ・クレソン・くわい・春菊・ゆり根・銀杏・アーモンド・落花生・サトウキビ・メープルシロップなどです

肺は嬌臟といわれます
ひ弱な臟と言う意味です
外気とつながっている為、環境の影響(風・寒・熱・湿・燥・暑の六淫)をうけやすく、新型コロナのようなウイルスも肺から入ってくるためそう呼ばれています

まだ夏バテが抜けない人は気陰を補い心肺を補える麦味参顆粒を
よく風邪ひくまた風邪がぬけにくい人は衛気を補える衛益顆粒を
喘息やアレルギー性鼻炎も外気と関係しているので、衛気を補う衛益顆粒を
下痢や軟便ぎみの人は健脾してください
胃腸は気血を作る源といいますが、気血が作られなければ身体を維持するのに必要な物質もエネルギーもつくられません
病気の原因になる菌やウイルスを排除する免疫細胞も身体で作られているわけですから脾胃の働きは重要です
健胃顆粒・健脾散・補中医王錠・六君利気錠・フラーリンA(胃苓湯加減)・勝湿顆粒などで対処し下さい

五行の相生相剋の関係で脾と肺は脾が肺を助ける相生関係(母子関係)ともいいます
脾を助けることは肺を助ける事になります

もし風邪症状がでたら?
風邪症状がでるのは新型コロナやインフルエンザばかりではありません
ラノウイルス・アデノウイルス・これまでのコロナウイルス・・・等
急に寒くなって風邪をひく人も増える時期です
くしゃみ・鼻水・咽の痛みなどいつもなら風邪かなと思うくらいな時でも今は新型コロナじゃないかと不安だと思います
まず、いつも書いている対処法でしっかり漢方薬を使って下さい
マスク・手洗い・消毒・換気の悪い所に行かない・厚生労働省のアプリCocoaをいれて濃厚接触者になった場合通知がくるようにしておくなど万全の対策をしていれば新型コロナの可能性は極々少ないと思います
万が一そうだったとしても初期に漢方で対処しておく事は必ず身体の助けになっています

秋は肺をまもって元気にすごしましょう

 *マスクはしっかりしておきましょう
  「この人は大丈夫だろう」とか「親しいから大丈夫」とか「小さい子供だから大丈夫だろう」とかはありません
 
 *ひ弱な肺をマスクでまもって下さい

2019-09-11

秋口は抜ける・切れる・パサパサになったなどの髪の悩み・カサカサやシミなどの肌の悩みが増えると思います。

夏の紫外線のせい?
そればかりではないかもしれません。

肌や髪は血の滋養作用によって栄養され、潤っていますし、また津液も滋潤作用によって潤っています。
血・津液は気の推動力によって隅々まで運ばれます。
つまり気血津液が充実していれば肌も髪も艶やかです。

荒れた肌や髪をケアしようと、化粧水でパックやピーリングで古い角質を除く等、色々外からアプローチすると思います。
でも内からのアプローチも大事です。

夏は五行の火の季節で、五臓では心、腑では小腸、五気では暑です。
暑邪は炎熱で湿邪を伴いやすいといいます。
湿邪は胃腸を障害しやすい特徴あります。
炎熱の気候で乾燥し、汗を沢山かくことで乾き、胃腸を障害する事で水分や栄養の吸収がわるくなるという3方向から乾燥に向かいます。

「水は沢山飲んでいたから大丈夫」
そうでしょうか?
軟便や下痢になっていなかったでしょうか?
水分ばかり飲みたくて食事がおろそかになっていませんでしたか?

【脾胃と美容】
美肌や艶のある髪のケアはまず胃腸です。
胃腸が弱ければ気血がつくられません。
脾胃の働きが弱いと食欲不振・軟便、下痢の症状や疲れやすくやる気が出ないなどになりやすくなります。
脾胃は気血を作る源ですから弱っている状態では髪や肌に気血がとどかず滋潤できません。

下痢っぽい状態が続いているときは脾の働きを高め余分な湿を除ける健脾散顆粒を
めまい・立ち眩み・疲れやすいなどの中気が落ち込んでいる症状にはホイオー錠を
食欲がなく胃の調子が悪い時は健胃顆粒を
眠りが浅く疲れがとれない時は心脾顆粒を
くしゃみ・鼻水・膨疹などのアレルギー症状が出る時は勝湿顆粒を飲んでみて下さい。

【血と美容】
血の滋潤作用と血の循環は美肌や艶のある髪にとって大事です。
血が不足するとドライスキンになります。

髪は女性ホルモンと関係しているといわれます。中医学においては血の道といわれる所と関係が深いです。
『肝は血を蔵す』といい血の充実は肝血の充足につながり、肝の疏泄という気の流れをスムーズに行う働きも良い状態となります。
肝血の充実・円滑な疏泄機能があれば肌や血の余りといわれる髪を健やかにするばかりでなく、気候の変動や環境の変化、ストレスにも強くなります。

また肝血の充実は相生関係の心血の充実にも関係しているので、心もゆったりして些細な出来事では動ぜず、睡眠も安定します。
だから血を補う事は美容以外の健康面にも役立ちます。

しかし夏の暑さで血を消耗したり、夏に水っぽいものばかり摂っていて血になる物を食べなかったり、胃腸を傷めて食欲がなく摂り込めなかったりすると血不足になります。

血不足の人は
血のめぐりをよくして血を補い温める婦宝当帰膠
お腹が冷えて張る、浮腫みやすいなどの時はフラーリンQ
ストレスに弱く落ち込んだりイライラしたりは逍遥散をお試し下さい。

【津液と美容】
最近は水分補給についてテレビやいろいろな場面で言われているので脱水気味の人は少ないと思います。
しかし年齢を重ねると細胞の保水力みたいなものが不足してそもそもみずみずしくなくなっているので、脱水気味になるまでの貯蓄がありません。
ただの水ではなく骨付き鶏肉を煮込んだスープなど、栄養豊富なスープを飲んでください。
鶏ガラの野菜スープ・昆布や煮干しでだしをとった味噌汁などスープ類は身体にやさしい補水液だと思っています。

漢方の食品としては美肌オイルの紅沙棘や艶麗丹があります。
艶麗丹には哈士蟆油が入っています。これは清朝宮廷に献上された美容に良い高級食材です。

美肌や艶やかな髪は内側から!
潤そうと水やりしても砂のような土で保水力がなければ水も栄養も留める事ができません。
まず土づくりが大切です。

« 次の記事へ