その他の病気

2016-06-24

不老長寿(アンチエイジング) 不老長寿はいつの時代も人の願いだと思います。黄帝内経の上古天真論に百歳になるまで生き、しかも行動や精神が衰えずにいるにはどうしたらいいのか、その養生が書かれています。

 中国の清の時代に皇帝への献上品の三宝といわれるものがありました。哈土蟆・紅景天・不老草です。時の皇帝も不老長寿をどんなにか望んでいた事が伺えます。その三つの宝の1つに紅景天があります。

『単味の補益剤の研究と応用』 広東省深圳中医院主任医師 邱静宇

 『単味の補益剤の研究と応用』 広東省深圳中医院主任医師 邱静宇・・・これは2001年の3月の中医臨床の特集記事ですが、紅景天の事が載っています。紅景天はベンケイソウ科の多年草で高山の岩肌に生育し、扶正固本・理気養血・健脳益智・滋補強身の効があるそうです。

 扶正固本とは正気(抵抗力のようもの)を扶助し身体の芯の守りを固めるというような意味合いで、本質の守りを固めるという事は腎精の充足とも関係しています。理気養血は気の巡りをよくし血を養うという事で肝血・肝気とも関係しています。しかも健脳益智、つまり脳を健やかにして智恵の力を益す効力もあるというのですから老化防止には随分優れた植物だと思います。

 記事によると主要成分の紅景天サポニン・8種類の必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸・15種の必須元素・ビタミンA,C,D,E,B1,B2,B6など、その他抗老化活性を示すスーパーオキサイドディスムターゼ含んでいて栄養学的にも価値が高く、抗老化・抗酸欠・抗侵襲刺激・抗腫瘍・抗ウイルス・抗疲労・活血化瘀・免疫能の調節作用が証明されているとなっています。

 紅景天はチベットの高山に生育するものでチベット医学で使われていたものですが、この植物は高山や北極地帯など過酷な自然環境で生育してる学名はRhdiola rosea L.,(ラジオラ・ロゼア)です。日本では「生き草」ロシアでは「黄金の根」と呼ばれています。この根の部分を切ると中心が赤っぽく、そのエキスは根なのにバラの花のお茶を飲んでるような味わいがあります。

 気分が落ち込みやる気が出ない時に、また、勉強のお伴に・会議の前やここぞという時に、なんだかこの頃頭が働かないと思っている時もバラの香りのお茶をのんでスッキリするのも良いのではないでしょうか?はちみつやオリゴ糖を加えて甘くしても美味しく頂けます。おいしく飲みながら滋補強身できるんですからお得だと思いませんか?

2016-04-26

♪どんなに~どんなに~♪
はなれていても~♪ ♪ぼくはきみを~わすれはしない~♪
♪なつになると~ おもいだす~♪きみとあるいたあのなぎさ~♪
♪せ~つな~くっ ♪うずく み~~ずむしは♪
き~みと~ぼくとの♪ あいのしるし♪

かゆーい 水虫 青春時代に流行った歌ですが知ってますか?毎年毎年やってくる水虫のかゆみ!水虫やたむしをおこす白癬菌はカビの仲間です。だから、ジトジトして蒸し暑い季節が大好きです。繁殖力が大盛になって菌糸をのばしていきます。毎年水虫になるのは冬の間もずっと角質に白癬菌が潜んでいたか?あるいは誰かからうつったか?という事です。表面的に治ったと思っても角質に住み着いているので、角質の新陳代謝がすむまでしっかり治療しなければなりません。

 最近は1日1回の塗布で良いような抗真菌薬がでていますが、抗生物質と同じで耐性菌出現の問題もあります。漢方の水虫の塗り薬は水虫の住まいの角質を柔らかくして、蝋梅油でアタックするものです。まめに擦りこんで完治をめざしましょう。温かくなってきたら入浴する時に青森ヒバのオイルをいれましょう。近畿大学の研究で青森ヒバのオイルには抗真菌作用がある事がわかっています。しかも皮膚刺激がないので安心、檜のかおりもしてリラックスして入浴できます。水虫の改善に役立つばかりでなく、予防にもなります。

 水虫は高温多湿の環境が大好きですから、人においては湿熱タイプ・湿濁タイプの人が水虫になりやすいといえます。

脾虚湿生

 身体に湿が溜まりやすい時に問題になるのは脾・肺・腎です。脾は水の運化作用・肺は水道作用・腎は水を主るといわれます。暴飲暴食すると脾の運化作用も失調しますし、痰湿もたまりやすくなります。湿度が高くなってくると、その影響をうけて胃腸の働きがわるくなったり、身体が重だるくなります。その場合芳香化湿の藿香などの入ったものを使います。体質的に胃腸が弱く下痢やむかつき、胃痛などの症状がでやすい人は普段から健脾して脾臓の働きをアップしておくと良いです。また 食養生として五行草茶をのんでいくと良いです。五行草茶は馬歯莧という植物のエキスで古来から赤痢の特効薬とされてきたものです。現代ではジュクジュク型の皮膚炎になりやすい人にも良く使われます。

 水虫はうつるものですが、24時間以内に洗浄すれば大丈夫といわれています。つまり毎日お風呂に入っている人はうつらないといえます。しかし皮膚のバリア機能が落ちた人は同じでないと思います。バリアのある肌とは皮脂分泌もしっかりしていて、皮脂膜も整い潤いを保っています。だから水虫はすぐ角質に入る事はできません。お風呂で洗い流されて終わりです。

 革靴を1日履いていると足が蒸れやすくなります。だからと言って水虫になるわけではありませんが、条件は整っています。靴の中を乾かす。汗を吸いやすい綿の靴下をはく。などく心がけましょう。水は上から下に流れるので脾の運化、昇清の働きが弱い人は夕方疲れてくると足が浮腫んできます。年配者も足が浮腫んでいる事がよくあります。その場合『腎の水を主る』機能が弱っている場合が多く、また心腎不交で心陽が降りず腎水が上がらない場合もあります。皮膚のバリア機能も弱り、新陳代謝が悪く角質が厚くなり、結果的に水虫の棲家をふやしてしまいます。

完治をめざして…

 もちろん、毎日足を洗う・足を乾かす・蒸れる靴に注意・足に汗をかいたら靴下を履きかえるなども大切です。体質改善とまめなお手入れで完治をめざしましょう。

2015-11-19

パンダ⑨ 麻痺といえば神経や脳を考えると思います。顔の片側が麻痺するので、目が閉じれなかったり 口も閉めれないので涎がもれたりまた味も感じなくなったりします。原因はヘルペスの感染や脳腫瘍や聴神経腫瘍が原因の時もありますが、多くは原因不明のベル麻痺でストレスや寒冷被曝やウイルスなど何らかの原因、循環不全による神経の腫れと考えられています。。。

 中医学では中風のうち中経絡にあたります。病位が経絡にあって臓腑まで及んでいないものを中経絡といいます。また病因病機は気血不足・心・肝・腎の陰陽失調・それに加えて情思が不安定、悩む、怒る 或いは暴飲暴食・あるいは風邪やウイルスなど外邪の侵襲をうけるなどの誘因によって、気血の流れが阻害され停滞して筋脈が滋養されなくなっておこると考えられています。以上の事から経絡を通じさせる事が基本となります。

 逆に経絡が通じれば顔面麻痺は治るという事になります。

じゃあどうやって通じさせるのか?

 これは病因病機や症状によって違ってきます。症状からの分類は以下になります。

 ①風邪外襲…突然で頭痛・鼻づまりなど風邪症状をともなったりします。
 ②肝風内動…突然で顔面紅潮、肢体のしびれ、めまいなど肝風の症状が伴います。
 ③肝気鬱結…ストレスなど精神的要因から
 ④気血両虚…筋弛緩・息切れ・物を言うのがおっくう
 ⑤風痰阻絡…麻痺としびれ・ろれつがまわりにくい・喘鳴・舌がこわばった感じ。

①風邪外襲

 風邪(ふうじゃ)は他の邪気を挟んできますから、風寒・風熱・風湿によって対処しなくてはなりません。また、風邪(ふうじゃ)によるただの感冒ではありません。風邪(ふうじゃ)によって経絡が通じなくなってしまっています。また風邪(ふうじゃ)が経絡に侵入したのは経絡の気血の運行に隙間があった(経絡が空虚)だったからです。それには袪風・養血・通絡のすべてが必要な方法です。

②肝風内動

 肝風は肝の気は風ですから、肝陰の不足、肝血の不足より風がおきます。その場合、滋陰、養血しながら、熄風し通絡します。肝の疎泄の失調により血滞または瘀血が生じたなら活血化瘀も必要です。

③肝気鬱結

 疎肝解欝通絡+活血化瘀です。何故なら気滞血瘀(気は血のながれの推動力なので気が停滞すれば血も停滞するという理論です。)だからです。
また養血も必要です。肝の本質は血だからです。

④気血両虚

 益気養血通絡方法ですが、気血どちらの不足が大きいかによって違います。

⑤風痰阻絡

 化痰熄風 開竅通絡 痰は病理副産物ですから、痰のできる原因に言及しなくてはなりません。また痰は粘ってしつこいもので、時間がたってより頑固な痰なら、なかなか改善は難しいと思います。しかし、痰を取り除き通絡する努力はするべきだと思います。

 こういった漢方治療とともに、経絡を通じるため鍼治療もあわせて行うと良いです。

 昨年ヘルペスから顔面神経麻痺になられた方がおられました。当初は局部の腫れや痛み、熱っぽさを訴えていたので清熱解毒を充分に行いました。その後、麻痺に対して、袪風薬・養血薬・活血通絡薬を使いました。1週間後、痰湿があるので袪風薬を化痰薬に代えて1ヶ月で大分よくなりました。3ヵ月後には全く麻痺はなくなりました。

« 次の記事へ 前の記事へ »