漢方療法と特徴

2020-07-12

黄耆は私の好きな中薬の1つです
少し前には黄耆の益気固表の働きがあり玉屏風散(衛益顆粒)という方剤がある事を書きました
生薬と言われるものは中医学では中薬といいます
中薬の中には生薬に属さない食品もはいっています
例えばあずきも中薬の1つです

中薬学にみる黄耆

中薬学では黄耆の働きは主に6つあると書いてあります
補気昇陽・補気摂血・補気行滞・固表止汗・托瘡生肌・利水消腫
基本的の黄耆は補気薬ですから症状が気の不足による時に使います
 
補気昇陽・・・気を上に上げる
気血が上に昇らないと頭がボーっとする・立ち眩み・元気がなくやる気がでないなどの症状がでます 
また五臓の上の方にある心や肺に気血が届かなければ息切れや動悸になるし、上に向かうエネルギーがないと内臓が下垂します

補気摂血・・・固摂(漏れないようにする)気の働きを補い血がもれないようにする
気の働きは5つあるとされていてその1つが固摂作用です
あるべき所から漏れないようにする働きです
そのうち血が漏れないようにするのを統血作用といい脾気が担当しています
不正性器出血や皮下出血や便血なども統血不足の時もよくあります

補気行滞・・・気の推動力の不足によって滞ったのを流す
四肢のしびれや運動障害など気の不足が原因する事もあります

固表止汗・・・以前玉屏風散の事を書いたときに詳しくのせました

托瘡生肌・・・気血不足で傷などが修復しない時に使う
化膿性疾患の治りが悪い・潰瘍や傷口がふさがらないなど治す力が弱くなっている時に
*私は以前歯痕の病巣が治らず切開するのがいやで幾つかの漢方薬に煎じた黄耆を加え1ヵ月半くらい飲んで治った経験があります
利水消腫・・・水を利してむくみを解消する
水液代謝のエネルギーの不足で浮腫みが生じているので 気を益し湿を除く

以上の事からも黄耆が冷えタイプのエネルギー不足の人に良い事がわかります
どんなに優れた生薬でも体質が合わなければかえって悪くなります
身体が温に傾きのぼせやすい人にはその状態を助長させてしまいます
使用上の注意には性質が温昇で助火し固表止汗するので実証・熱症・陰虚陽盛など使えない事が書かれています

一昨年前成都中医薬大学耳鼻咽喉科で研修させてもらった時気虚のアレルギーの人の処方中には黄耆が書かれていました

補中益気湯・玉屏風散(衛益顆粒)・帰脾湯(心脾顆粒)・参茸補血丸・虚労散など黄耆の使われた処方です

補という事は即座にできる事ではないのでゆっくり身体づくりする気持ちも大事です

2014-07-01

パンダ⑦ 陰陽ってきいた事がありますか?ほとんどの人が聞いた事があると答えてくれます。陰陽師という言葉から知っている人もいます。私たちがいるこの世界において陰陽は何に対してもあります。陰陽は相対的なもので、2つの事柄の対比としてあります。例えば1日のうちで昼は?夜は?どっちですか?昼が陽で夜が陰ですよね。イメージとして明るい昼は陽で暗い夜は陰だろうとわかります。

 ところが相対的いう事で明るい昼も日向(陽)と日影(陰)があります。陽のイメージは明るい・活発・温たたかい・上・昇る・外向的陰のイメージは暗い・静か・冷たい・下・下がる・内向的 そんな感じではないでしょうか?

 それでは身体における陰陽はどうでしょうか?身体を動かすエネルギー的なものは陽ですから物質としての体は陰にあたります。人の構成を気血水(津液)で考える漢方において 動的役割の気は陽に、物質てき基盤の血津液は陰と考えます。ですから陰陽そろって生きているわけです。「あなたは陰虚ですね」。とか、「陽虚ですね。」といわれてもそれって何?どうい事?と思うのではないでしょうか?

 虚はむなしいと読みます。つまり足りないとか弱ってるとかいう意味です。陰陽は相対的なものではあるので陰虚なら陰は足りないので陽の方が多いという事になります。また陰とは血と津液 の事でもあるので血や津液が不足している事でもあります。さらに物質としての体の不足という事にもなります。

 物質面は陰にあたると考えると 臓器も血管も血液も神経も脳も陰に属する事になります。そしてまたすべては血と津液という事になります。陰陽どちらも重要なのに陰が傷つく事をきらいます。それはたぶん陽は気ですから形のないもので早く補う事ができますが、陰は物質なのでいったん傷ついてしまうと修復が大変だからだと思います。たとえ出血性ショックの時に(現代はすぐ病院ですが・・・)補気薬である大量の人参を使うのは 形のある血はすぐ作れないのでまず気から補う・・・というやり方です。

 中医漢方において滋陰よか養陰とかいう言葉がでてきますが、根本療法という意味で大事な事だと考えています。元気がでるものがお好きな人が多いと思います。気は速生できるので 効いた感じが得られやすいからだと思います。しかし不足によって気が不足する人は時 ゆっくり有形の血や陰を補うことで気の元ができてきます。

 血は気の母という言葉があります。時間の流れと陰陽を考える夜明けは陰から陽に代わる時で夕方は陽から陰に変る時です。
季節の進みで言うと夏至は陽が極まった時で、その日を境に陰も生じだします。冬至もまた同じです。こういう陰陽の移り変わりは自然の営みにとても大切です。

 こういうリズムは人の身体にもあります。体内時計といわれるメラトニンは夜中暗くして寝ている間につくられるのだそうです。成長ホルモンや性ホルモンも同じです。これらは中医漢方でいえば腎が蔵する精のうちに入ります。人の目は暗いと見えないように出来ています。夜は静かにして寝る為だと思います。陰の多い夜中は陰を育てる時間です。

 身体も陰の状態にしておく事が陰に属する精血を育てる事になります。簡単にいうと健康、身体の仕組みの充実の為には夜は暗くして寝ることが大切なのす。現代社会ではなかなかそうもいかないでしょうが、病気や心や身体の不調を治そうと考えるなら 夜寝るという単純なことが 治る身体づくりにおおいに貢献する事を知っておいて欲しいと思います。

 もし 身体の衰弱して落ち込んでしまったら もちろん早急に陽気を補わなければなりません。陽気は命のエネルギーです。
命の力です。それがなくなってしまっては生きる事が終わってしまいます。もし その状況は陰の不足に起因するかもしれません。例えば 大量の汗をかく  酷い出血など です。汗も血も物質で陰の属しますが 命のエネルギーの陽が不足ならそっちが重要です。抽象的な感じがするかもしれませんが、この考えは漢方を運用する上には必要ばものです。

 もう十年くらい前になるかもしれませんが、中医婦人科で不妊症の名医で『中医婦科理論の実践』という本を執筆しておられる夏桂成先生が来日し講演された事がありました。先生は不妊治療においても多くの成果をあげておられ先生の治療を受けに大勢の方が遠くからくるそうです。その先生が女性の身体の陰陽について話されました。女性の月経周期は陰陽の繰り返しになっています。体温表をみれば一目でなるほどと思います。低温期 高温期 下 上 陰から陽へと順番にきています。女性の身体の中で命は生まれ育まれ そして赤ちゃんとして誕生します。

 その女性の身体は陰から陽へ 陽から陰へと 自然の摂理にそったリズムをきざんでいるのです。なんて凄いんだ!!って思いませんか?私たちもまた その自然の波をもって生まれてきたわけです。陰の時期は陰に従い 陽の時期は陽に従う事が 本来身体が持っている恒常性の維持につながります。中医学において 漢方薬の臨床応用 漢方食品 漢方茶 食養生 生活面での養生など 陰陽バランスの関係を考えずに運用する事はできません。

なぜなら 人は自然界の一員だから・・・

2013-06-01

パンダ⑧ 清熱解毒薬が体に対してどう作用しているのか薬理作用がわかっているわけではないのだと思います。でも そのわからない所も魅力といえるのではないでしょうか?炎症反応には細菌やウイルスなどがかかわっている事もあれば アレルギー反応がかかわってる事もあるし自己免疫がかかわってる事もあります。

 それぞれの状態に応じて古来使ってきた清熱解毒薬があり一定の成果をあげているという事実があります。科学的な解明がなくても明らかな事っていろいろあります。梅雨の頃になると食べ物が腐りやすくなったりカビも生えやすくなったり・・・という事も科学的に証明されようとされまいと事実です。夏に日が長くなって冬に短くなるというのも証明がなくても事実です。この事実の積み重ねによって漢方の理論はできています。

 細菌に抗生物質というのが現代医学です。抗生物質ができて乳幼児の死亡率も大幅に下がりました。公衆衛生がよくなった事もあるでしょうが・・・でも今多剤耐性菌のように抗生物質が効かない菌が出てきています。抗生物質の使いすぎともいわれています。また自己免疫の暴走に対しては免疫抑制剤やステロイドなどを使用しますが、他方では副作用の問題もあります。身体を害する毒に対する対抗力(これは造語ですが・・・)を増す事が出来るのが清熱解毒という方法だと思っています。

 清熱解毒のうち解毒な何に対しての解毒なのかはそれぞれ違っています。最近 鳥インフルエンザの流行のため 中国で板藍根が品切れになっているという事がニュースや新聞に載っていたそうなので、板藍根ってなに?と思った方もいらっしゃると思います。板藍根は普済消毒飲という方剤に使われていある植物です。中薬学の中に板藍根はうん疫(インフルエンザ・日本脳炎)・大頭うん(顔面丹毒)・ささい(流行性耳下腺炎)の高熱や腫脹・疼痛に配合される事が書かれています。こういう事から中医学では板藍根をウイルス性の疾患に対しての解毒に用いる事が多く、また予防的にも広く使われています。

 中薬学の中に清熱解毒薬についてこう書いてあります。清火熱・消腫毒の効能をもち、火熱よう盛による発赤・腫脹・疼痛・熱感などの癰瘍腫毒を呈する熱毒・火毒にしようする。意味がなんとなくわかるような わからないような感じではないでしょうか?清火熱は火や熱を冷ますという意味です。消炎ともとれるし 解熱ともとれます。どっちもありの感じです。消腫毒は文字通り腫や毒を消す または腫れさせている毒を消す・・・ととることができます。

 すごいですよね。2つの事を1つがやってのけるという事をいってるわけです。毒を菌とかんがえるなら抗生物質と消炎剤をあわせて使うような事を1つの中薬がするという事です。考えるに自然界にはそういう働きを持つものは案外あると思います。何かから何かを守ろうと思うなら必要なのかもしれません。

 清熱解毒は中医のなかでよく出てくる言葉です。例えば金銀花は天津感冒片の中にはいっていますが、中薬学では清熱解毒とかかれています。普段解毒という言葉を使う事は少ないですが、風邪の時も、皮膚炎の時も 何か身体に炎症をもついような時に必要なのが、解毒という方法です。

 身体に悪い影響をもたらすものは 身体にとって毒です。特に 病原菌やウイルスなどは毒といえます。また自己免疫性疾患において攻撃相手を間違えている自己免疫は毒といえます。これらに対し 解毒が必要です。清熱解毒の清熱はどういう意味でしょう?熱を清すとは熱を冷ますという事で 日ごろ私たちも良く使う熱です。歯が腫れて熱を持ってるとか、爪の周りが紅くなって熱もってるとか・・・発熱以外にも炎症に対して熱という言葉を使います。

« 次の記事へ