ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

いよいよ夏本番です。
夏は暑邪と寒湿に注意!です。

暑邪注意予報!
  暑は夏の邪気で性質は炎熱です。高熱・顔が真っ赤・汗を大量にかく・大いに咽が
  渇く・脈がドキドキ速くなる等の症状がでます。
  よって気と津液を消耗します。
  また湿邪を伴いやすいので、身体が重だるい・胃の辺りが膨れて苦しい・気持ち悪い下痢などになる事もあります。
  ・麦味参顆粒や五涼華を上手に使いましょう。

寒湿注意報!
  とにかく暑いのでカキ氷やアイスキャンデー・冷たい麦茶に冷し中華・冷やしソーメンなど、
  冷たい物を摂りがちの為、寒湿の邪気が入りこみます。
  その為、軟便・下痢になったり、食欲不振になったりすると脱水ぎみになり熱中症になりやすくなります。
  *夏こそ温かいスープやお粥や雑炊でお腹を温めて夏バテを防ぎましょう。
  ・勝湿顆粒や五行草茶・フラーリンAもお早めに!

薬眞堂狭山台店からのお知らせ
  狭山台店は第3木曜日はお休みです。
  第3木曜日中医学講座(8月休講)を行っています。
  5月からは基礎講座を行っていますが全6回で定員6名ですが、
  現在いっぱいになっています。11月で終了します。
  12月は『中医学による風邪を治し方と予防』についてお話する予定ですので
  ご興味のある方はお越し下さい。

最新記事

  • 私達の勉強会

    平成29年7月17日 中医学の勉強会 『美と健康のため 中医学の智恵を活かそう』 中医学講師 張 立也先生  健康美人 滋陰養血填精 瑞々しさの為に    夏の養生・・・清補 (清・・・熱を清める・補・・・気血津液を補う …

    平成29年7月 勉強会

  • 私達の勉強会

    平成29年6月18日 中医学の勉強会 『中医腫瘍ケア講座』 (広島大学名誉教授 仲田義啓先生をお迎えし 日本橋兜町でおこなわれました) 霊芝胞子と木鶏の薬理研究・・・・・・仲田義啓先生   薬物治療学の観点から 薬が効く …

    平成29年6月 勉強会

  • 私達の勉強会

    平成29年5月21日 中医学の勉強会 『中医学舌診・脈診における臨床応用』 上海中医大学日本校教授 高橋楊子先生(中医舌診・証の診方・治し方など著書多数)  舌診 舌は健康のバロメーター「内臓の鏡」と称されるように舌によ …

    平成29年5月 勉強会

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

平成29年7月 勉強会

平成29年7月17日 中医学の勉強会

『美と健康のため 中医学の智恵を活かそう』 中医学講師 張 立也先生

肌を気にする女性
 健康美人 滋陰養血填精 瑞々しさの為に
   夏の養生・・・清補 (清・・・熱を清める・補・・・気血津液を補う)
        *陽気発散・・・体内の陽気を発散する
        *益気養陰・・・気を益し陰(精血・津液)を養う
        *健脾護胃・・・脾を健やかにして胃を護る
        *冬病夏治・・・冬に悪化する病を夏の養生で治す
     生脈散(麦味参顆粒)   
       人参は主薬で、味は甘く温で 大いに元気や脾肺の気を補う
       麦門冬は主薬を補助し、肺を潤し津液を滋養し、心を清し熱を
       瀉す五味子は補助の2番手で肺気を収斂して津液を生じ、
       収め培い散じる心は上にあって脈を主(つかさど)り、
       肺は百脈を集める。心を清し肺を補えば気は充ちて脈が復活する。
       だから生脈(しょうみゃく)という。
     夏におこりやすい中医学的状態
       津液不足・・・潤い不足(脱水ぎみ)
       心肺気陰両虚・・・心肺の気陰の不足
       脾胃気陰両虚・・・脾胃の気陰の不足
       心肺腎気血精虚・・・心肺人の気血精の不足
       肝腎精血両虚・・・肝腎の精血不足
     夏の邪気に対応
       火熱邪盛・・・五涼華
       痰熱撹心・・・温胆湯
       肝胆実火・・・瀉火利湿顆粒
       暑湿犯表・湿邪困脾・・・勝湿顆粒
       傷津耗液・・・瀉火補腎丸

 健康美人 サラサラ血液 イキイキ血管
   瘀血を改善・・・活血化瘀
    ○瘀血証ガイドライン
     ①質 紫暗 舌に瘀斑・瘀点・舌下静脈怒張
     ②顔 唇・歯ぐき・目の周りが黒ずむ
     ③肌 鮫肌・毛細血管、静脈が浮き出る
     ④固定痛・刺痛・絞痛
     ⑤紫斑・タール便
     ⑥生理痛・生理不順・月経血が黒い・血塊がある
     ⑦肢体の痺れ・感覚が鈍いまたは片麻痺
     ⑧精神異常・神志異常
     ⑨臓器の腫大や腫瘍 腫塊
     血管の狭窄など循環障害
    ○対応
     循環障害・不定愁訴・・・活血化瘀
               活血化瘀+補気養血
     高脂血症・動脈硬化・・・活血化瘀+理気活血 化痰通絡
     出血壊死・血栓壊疽・・・活血化瘀+清熱化痰 通絡消癥
     *補正(補気・養血・滋陰・温陽)       
     *袪邪(清熱・化淡・祛瘀・利水)

 婦人科の要薬(当帰)
   当帰の名前にはこんなお話があるそうです。
   『昔、子供に恵まれない女性が、これを飲むと元気になり、主人が家に帰ってきたら当たった(妊娠)した』
   このように当帰は女性には欠かせない中薬です。
    中医学的働き
      活血・・・血の巡りをよくする
      補血・・・血を補う
      潤腸・・・腸を潤し、便通をよくする
      調経・・・月経を整える
    当帰のシロップ(婦宝当帰膠)
      活血・・・当帰・川芎
      補血・・・当帰・地黄・芍薬・阿膠 健康美人
      補気・・・党参・黄耆
     冷え症に対して温経散寒
      足腰の冷えには+独歩顆粒など
      冷えのぼせには+杞菊地黄丸など
     貧血の立ちくらみ、ふらつきに対して養血
      低体温なら+参茸補血丸など
      高血圧なら+杞菊地黄丸など
     生理不順に対して養血調経
      月経痛なら+冠元顆粒など活血剤を
      更年期なら二至丹や逍遥丸など
     不妊症に対しても養血調経は重要 補腎・理気・活血など体質にあわせて
    潤い不足はどこから 皮膚は層になっています。
      表面の水不足・・・津液不足
         ↓
      深い所の水不足・・・陰液不足
    艶やかなお肌の為に 
     表皮 角質層・・・皮脂膜の強化(滑らかさや艶・外界からの刺激を防ぐ)
        表皮細胞・・・保水力・皮膚の柔軟性
     真皮・・・張り・弾力
     皮下組織 毛細血管やリンパ管が通っいる・・・栄養する(皮膚を養う力)
    中医でこんなもの使われています。紅沙棘・艶麗丹・紫煌珠・亀鹿仙

 *肌は内臓の鏡といいます。
  カサカサする時は粘膜も同じように乾きやすくなっている事も多いです。
  もし粘膜の乾きが酷い時は内臓も乾いているかもしれません。
  肌荒れはローションやクリームで解決するかもしれませんが内臓の荒れは大変です。
  中医学では物質的基盤は陰に属するので、陰が虚してると考えます。
  津液の不足より陰液の不足は更に深く重くなるのはその為です。
  夏の暑さは気津の不足を引き起こし、さらに気陰の不足に発展します。
  未病先防!いつも夏バテしやすい方はご相談すださい。