ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

梅雨の季節ももうまじかです。
湿気が多くなってくると胃腸障害・筋肉や関節の痛み・めまい・頭重・湿疹・膀胱炎など湿による症状を訴える方が増えてきます。
湿邪は陰邪で冷えやすく、重く、粘ってしつこく、下の方に降りやすいなどの性質があります。

温かい物を!!
 気温が上がってきて蒸してくると夏本番の暑さでなくても冷やしうどんやソーメンなどさっぱりした冷たい物が食べたくなります。
 或いは冬の間は温かくしていた飲み物も冷たくして飲むようになります。
 (自動販売機からもホットの飲み物なくなります。)
 環境からも、食べ物からも寒湿の邪気を受けやすくなります。
 『脾は湿を嫌う』といい外湿の多い時期は脾の働きが弱くなりがちです。
 温かい食べ物や飲み物を摂るようにこころがけて下さい。

梅雨は五行草茶で身体をさっぱり!
 湿気の多い梅雨の時期はカビが増える時期ですが、人の身体も水虫・湿疹・膀胱炎や
 胃腸炎など湿の影響を湿を好む真菌や細菌の影響を病気になる事も多くみられます。
 五行草茶はスベリヒユで中薬の馬歯莧です。中医学では細菌性の下痢やニキビやおできなど
 可能性の皮膚炎やジュクジュク型の湿疹使われていますが、野菜として売られている地域もあるそうです。
 五行草茶でこの時期のトラブルを予防しましょう。

薬眞堂狭山台店では毎月第3木曜日は中医学の講座をしています。 (お店はお休みです。)
  中医学基礎講座の2回目
    6月15日 10:30~12:00 費用500円
    今回は気血津液・五臓六腑です。
    今回から参加の希望の方は資料の準備の都合がありますので前日までにお申し出下さい。

最新記事

  • 私達の勉強会

    平成29年5月21日 中医学の勉強会 『中医学舌診・脈診における臨床応用』 上海中医大学日本校教授 高橋楊子先生(中医舌診・証の診方・治し方など著書多数)  舌診 舌は健康のバロメーター「内臓の鏡」と称されるように舌によ …

    平成29年5月 勉強会

  • 私達の勉強会

    平成29年4月16日 中医学の勉強会 『悪性腫瘍の弁病と弁証』 中医学講師 鄒 大同先生(臨床家の為の中医腫瘍学 編著) 1、西洋医学の弁証  西洋医学の診断方法   腫瘍の種類   悪性腫瘍の病名と発生頻度   癌の細 …

    平成29年4月 勉強会

  • 私達の勉強会

    平成29年3月12日 中医学の勉強会 健康長寿と微小循環 中医学講師 劉 文昭先生 ■中医学から診た自律神経失調症候群(Mind-body Science No.9)掲載 劉先生 上記の論文の内容について  自律神経失調 …

    平成29年3月 勉強会

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

平成29年5月 勉強会

平成29年5月21日 中医学の勉強会

『中医学舌診・脈診における臨床応用』 上海中医大学日本校教授 高橋楊子先生(中医舌診・証の診方・治し方など著書多数)

舌の説明
 舌診 舌は健康のバロメーター「内臓の鏡」と称されるように舌によってもたらされる
    情報が沢山あり、弁証論治にはかかせない手段です。『望而知之謂之神』
  1、舌と臓腑・機体の関係
   舌診の舌は経絡を通じて臓腑や機体と繋がっている。
   特に心・脾・胃との関係は深く、舌は「心の苗」、口は「脾胃の外候」といいます。
  2、舌診の臨床意義 正気の盛衰・病位(深浅)・病邪の性質・病状の進退など多くを
   知る事が出来る。
  3、舌診の注意事項 飲食物の影響・生まれつきの形状を考慮し必ず四診合算して判断する。
  4、舌を診る
     舌の色 正常舌は淡紅色
         血虚や陽虚・気血両虚・水湿が多いなど白っぽい
         熱(火)があれば紅くなる。重症になると絳舌(深紅に近い色)更に紅絳舌になる。
         紫・暗は瘀血
         青は寒凝
     形   大きさ・厚み・湿り気・歯型がついてるか・しみや点々など・柔らかさ
         真っ直ぐ出せない・震えがあるなど
     舌神  正気の有る無し・予後の良し悪し

    舌苔を診る
     厚さ(病邪
     湿り気
     膩舌(ベタベタし)
     腐苔(ベタベタしていてこそぐと取れる)
     剥落(所々苔がない)
     無苔(鏡面舌)
      
 脈診 脈は遅数・強弱・形状などを見る。
    疾病の性質・病位・邪気と正気の状態などを知る事が出来る。
    手首の脈(寸口)3本の指先で見る。手に近い方から順に寸・関・尺という。
    それぞれ臓腑を表している。
       左 寸…心      肺…寸 右
         関…肝 (胆) (胃) 脾…関
         尺…腎   (命門)腎…尺
   脈診の意義 『脈は血の府』素問
     脈は血との関係が深いが血は気を滋養し、気は血を生じ、巡らせるというように血は気との
     関係も深い。
     また心は「血脈を主る」・「神を主る」
       肝は「蔵血を主る」・「疏泄を主る」
       肺は「一身の気を主る」「肺朝百脈」
      体内の気血津液・臓腑の異常は経絡を通じ体表の脈証に現れる。

   気候・年齢・性別など脈に影響をあたえる要因になる。
     乳幼児…やや数
     青年…滑脈になりやすい。(気血が充実している為)
     老人…弦脈・弦硬脈(年齢が進むと血管も老化してくる為)
     女性で痩せている人…やや細
     妊婦…滑脈
     男女 男性は寸強尺弱 女性は尺強寸弱の事が多い
     肥満者…沈脈傾向 痩せている人…浮脈傾向
     気候 春…やや弦 夏…やや洪 秋…やや浮 冬…やや沈
     精神面・情緒面の影響…弦または弦数
     食後はやや数・やや滑
     空腹時は緩脈
     大量の飲酒は洪・滑

   平脈(健康な脈)8つの特徴
     脈の位置 中取で一番ふれる
     脈の長さ 寸・関・尺すべてふれる
     脈の速さ 1分間に70~80 80代はやや数 90以上は数 それ以下は緩
     脈に強さがある・脈に一定の太さがある・リズムが規則正しいある
     尺脈は沈取るしても力があり触れる(腎気の充実を表す)

  舌は健康のバロメーターですから、ご自身で鏡を見ながらパネルと比較して頂いてご自身の
  状態はどうなっているのか見て、舌を見る習慣をつけていただきたいと考えています。
  脈はとても重要なものですが、血行動態パラメーターで緩脈・数脈・細い・弱い・太いなど
  推測する事ができます。
  特に数脈の場合は陽気が多い・熱・火などと考えます・
  その熱は虚熱の場合も多く見られますし、肝火や心火の時もあります。
  いずれにしろ四診合算して総合的にみる必要があります。