ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

まだ、インフルエンザが流行しています。
『出かける前に一杯の板藍茶・帰って一杯の板藍茶』を続けてください。
もちろんマスク・うがい・手洗い・加湿もです。
邪気  正気ですから邪気は少なく、正気は強くが病気にならない、なっても軽いの原則です。症状がでたら邪気の寒熱をみて速やかに漢方薬を服用してください。

今シーズンは雪が多いです。
*雪で冷えた時は生姜や葱を沢山入れてスープにしましょう。どちらも寒邪を散らす働きがあります。中医学的にいうと辛温解表の働きです。
*雪でころんで打ち身になったときは田七人参を使います。止血散瘀の働きがあるので、早くよくなります。
*雪かきで腰を傷めた時は独歩顆粒がお勧めです。また冷えて神経痛が悪化しているなら腰冷散を服用してみてください。温まって楽になります。

暦の上では春です。
中医学では立春から立夏まで春です。春は芽生えの時期ですから心も身体もゆったりとのびのびすごすのが春の養生です。いろいろあっても春だから身体のために「まあいいか」と言ってみるのも方法かもしれません。

狭山台店からのお知らせ・・・・
狭山台店は第3木曜日(2月15日)はお休みです。
・今回10:30から第5回中医学基礎講座(気血津液弁証)の補講をします。いらっしゃる場合は前日の午前中までにお知らせ下さい。

最新記事

  • 私達の勉強会

    平成30年1月 中医学勉強会 『専門性を高める中成薬・養生食品の応用』中医五官科 中医学講師 トンセンホ先生 *響聲白龍散 余甘子・・・アンマロクという植物で薄緑色の丸い実です。これは咽の炎症をしずめ、なめらかにして肺系 …

    平成30年1月 勉強会

  • 私達の勉強会

    平成29年12月17日 中医学勉強会 子宝相談の基本(中医学による周期療法) 中医学講師 劉伶先生 ◆夏桂成先生が提唱  西洋医学では周期に合わせてホルモン剤を使うが、女性の月経周期を見ると低温期から高温期へ高温期から低 …

    平成29年12月 勉強会

  • 病気と漢方

    以前NHKの認知症の番組で認知症かと思っていたら慢性硬膜下血腫で手術に認知症状が消えた・・・というのをやっていました。 ころんで頭を打ったり、比較的軽い外傷がもとで硬膜とくも膜の間に血腫ができるのを慢性硬膜下血腫といいま …

    慢性硬膜下血腫

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

平成30年1月 勉強会

平成30年1月 中医学勉強会

『専門性を高める中成薬・養生食品の応用』中医五官科 中医学講師 トンセンホ先生

*響聲白龍散
余甘子・・・アンマロクという植物で薄緑色の丸い実です。これは咽の炎症をしずめ、なめらかにして肺系を潤し、痰をきり、潤して渇きをとめるとされています。
この余甘子が主薬です。
それにやはり咽や咳に使われる甘草桔梗も入って余甘子の働きを補助しています。
珍珠は解毒生肌の働きで粘膜を補助し銀耳は潤すことで補助します。
更にお茶の葉と薄荷が働きをたすけます。
飲み方:ペットボトルの水かお茶に溶かしてチョコチョコ口に含んでのみます。
(^^)美味しくはないけど咽がスッキリします。
こんな時にも:口臭が気になるとき 響聲白龍散+晶三仙
       風邪で咽が腫れて痛む時 響聲白龍散+天津感冒片(涼解楽)
       空咳の時 潤肺糖槳+響聲白龍散
その他いろいろ組み合わせて使えます。

響聲白龍散はまずいと思っていたのですが、薄めて飲むと咽がさわやかでいい感じです。サンプルがありますので、お試しになりたい方は言っていただければ差し上げます。

鼻の話
・1日に2万リットルの空気を吸っている
・身体に入れる前に空気の温度を33度以上にして湿度も80%に即座にしている

慢性鼻炎の弁証
1、肝気犯肺 2、肺熱蘊盛 3、肺気虚弱 4、肺腎気虚 5、肺脾気虚 6、瘀血体質
花粉症の中医学的見方
  衛気(病気から身体を守る気)の不足
  1、エネルギーの供給と体温調節
  2、気候など外部環境に対する適応能力の維持
  3、病邪に対する防御機能
  衛気不足の病因 肺気不足・脾失健運・腎気虚弱・衛外不固

花粉症の弁証鼻を噛む女性
1、肺気虚 2、脾肺気虚 3、気虚血瘀 4、肺腎陽虚 5、湿熱蓄肺 6、外寒内熱
蓄膿症の弁証
急性 1、肺経風熱証 2、胆腑鬱熱証 3、肺胃湿熱証 
慢性 1、肺脾気虚
後鼻漏の弁証の中心 健脾益気・宣肺開竅・活血利湿

*鼻の病気に対する活血には頂調顆粒が有効
*トン先生の症例(臭いがしない)
難病・好酸球性副鼻腔炎 7年前から手術3回 薬も7年服用 効果無し
  弁証+弁病
  生活習慣の改善+漢方薬
  約8ヶ月で臭いがわかるようになる
  使用した漢方薬 衛益顆粒・頂調顆粒・辛夷清肺湯・葛根湯加川芎辛夷など3種類づつ組み合わせ

耳の構造 聴覚と平衡感覚
耳鳴り  蝸牛循環障害だがその原因
     1、血管痙攣 2、血栓・栓塞 3、ウイルス感染 ストレス・自律神経の失調
慢性の耳鳴り 活血・理気・補腎
眼底出血 二至丹・田七
標的療法・・・星火霊芝宝を高容量で
良性発作性頭位めまい 磁石が動く・・動くのは骨粗鬆症(腎虚)
耳鼻科で使われる活血化瘀薬 水快宝・頂調顆粒など

トン先生は五官病の専門医でいらっしゃいます。日本でいうと耳鼻科+眼科です。この領域では内科と少し使う漢方薬が違うようです。
臭覚を失う事に関しては西洋医学ではステロイドを使うようですが、慢性炎症とみての事だと思いますが、効果が上がる事はすくないようです。
やはり 養生+漢方薬の服用で身体の内側から改善を考えていくのがよい様に思われます。