ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

薬眞堂薬局狭山店からのお知らせ
 ・第3木曜日は12時半開店になります。

 

梅雨の時期になります。湿度が高くなると、脾臓の働きが悪くなりがちです。中医学では『脾は湿を嫌う』といいます。軟便や下痢、食欲不振、身体が重だるい、関節が痛むなど湿邪が影響しています。勝湿顆粒や五行草茶などを利用してさっぱりすごしてください。

蒸してくると気温がそれほど高くなくても暑苦しさを感じます。でも湿は陰邪で冷えるので手首や足首をさわってみる冷たかったりします。温かい食べ物や飲み物をとるようにしてください。

イスクラ心脾顆粒話題の心脾顆粒を取り扱っています!
 ・イスクラ心脾顆粒 60包 税込9,720円
 ・効能・効果 貧血、不眠、健忘
 ・特徴 「イスクラ心脾顆粒」は、10種類の植物性の生薬を原料として製剤化したもので貧血、不眠、健忘の改善を目的としております

最新記事

  • 病気と漢方

     不老長寿はいつの時代も人の願いだと思います。黄帝内経の上古天真論に百歳になるまで生き、しかも行動や精神が衰えずにいるにはどうしたらいいのか、その養生が書かれています。  中国の清の時代に皇帝への献上品の三宝といわれるも …

    不老長寿(アンチエイジング)

  • 私達の勉強会

    平成28年5月19日 薬剤師会の勉強会 メンタルヘルスにおける漢方と栄養学 山口病院精神科部長 奥平智之先生 ■精神疾患に影響する栄養学的因子 ■検査値が基準値内であっても分子栄養学的には色々な情報が含まれている。 *鉄 …

    平成28年5月 勉強会

  • 病気と漢方

     不整脈があれば循環器科を受診して心電図など心蔵の検査をします。西洋医学では心蔵の病気ととらえているからです。 もし検査の結果、何も見つからないと精神的な問題だと言われ安定剤を処方されたり、心療内科の受診を勧められた方も …

    不整脈と季節

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

不老長寿(アンチエイジング)

不老長寿(アンチエイジング) 不老長寿はいつの時代も人の願いだと思います。黄帝内経の上古天真論に百歳になるまで生き、しかも行動や精神が衰えずにいるにはどうしたらいいのか、その養生が書かれています。

 中国の清の時代に皇帝への献上品の三宝といわれるものがありました。哈土蟆・紅景天・不老草です。時の皇帝も不老長寿をどんなにか望んでいた事が伺えます。その三つの宝の1つに紅景天があります。

『単味の補益剤の研究と応用』 広東省深圳中医院主任医師 邱静宇

 『単味の補益剤の研究と応用』 広東省深圳中医院主任医師 邱静宇・・・これは2001年の3月の中医臨床の特集記事ですが、紅景天の事が載っています。紅景天はベンケイソウ科の多年草で高山の岩肌に生育し、扶正固本・理気養血・健脳益智・滋補強身の効があるそうです。

 扶正固本とは正気(抵抗力のようもの)を扶助し身体の芯の守りを固めるというような意味合いで、本質の守りを固めるという事は腎精の充足とも関係しています。理気養血は気の巡りをよくし血を養うという事で肝血・肝気とも関係しています。しかも健脳益智、つまり脳を健やかにして智恵の力を益す効力もあるというのですから老化防止には随分優れた植物だと思います。

 記事によると主要成分の紅景天サポニン・8種類の必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸・15種の必須元素・ビタミンA,C,D,E,B1,B2,B6など、その他抗老化活性を示すスーパーオキサイドディスムターゼ含んでいて栄養学的にも価値が高く、抗老化・抗酸欠・抗侵襲刺激・抗腫瘍・抗ウイルス・抗疲労・活血化瘀・免疫能の調節作用が証明されているとなっています。

 紅景天はチベットの高山に生育するものでチベット医学で使われていたものですが、この植物は高山や北極地帯など過酷な自然環境で生育してる学名はRhdiola rosea L.,(ラジオラ・ロゼア)です。日本では「生き草」ロシアでは「黄金の根」と呼ばれています。この根の部分を切ると中心が赤っぽく、そのエキスは根なのにバラの花のお茶を飲んでるような味わいがあります。

 気分が落ち込みやる気が出ない時に、また、勉強のお伴に・会議の前やここぞという時に、なんだかこの頃頭が働かないと思っている時もバラの香りのお茶をのんでスッキリするのも良いのではないでしょうか?はちみつやオリゴ糖を加えて甘くしても美味しく頂けます。おいしく飲みながら滋補強身できるんですからお得だと思いませんか?