ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

薬眞堂薬局狭山店からのお知らせ
 ・第3木曜日は12時半開店になります。
 ・8月のお休み…11日(山の日)、14・15・16日
 ・8月の中医学講座はお休み。
  次の中医学基礎講座は、9月15日(木曜日)10:30から12:00、 内容…『中医学の診察(四診)、病因・病機』

 

夏は五行の火・五臓の心の季節です。心が活発になるので、夏は少し脈が速くなるものですが、心肺機能が弱っている人は大変です。暑さにより汗も多くなりますが、汗は心の液といいます。大量の汗は心を消耗し、汗と一緒に気も出て行ってしまうので少し動いただけでドキドキしたり息切れしたりし易くなります。麦味参顆粒は気津両虚に使う夏にもってこいの漢方薬です。体力が弱ると熱中症にもなりやすくなります。夏ばて防止にご利用ください。

夏の養生としてはウリ科の食べ物をとるといいです。咽の渇きを押さえ身体にこもった熱を尿から出してくれる夏にもってこいの食べ物です。またゴーヤも苦味で心火を抑えてくれるので召し上がってください。少し早起きして朝の涼しいうちに身体を動かして、昼は消耗を避けましょう。この夏猛暑になるそうですので、漢方薬も使って夏を上手に乗り切ってください。

蒸してくると気温がそれほど高くなくても暑苦しさを感じます。でも湿は陰邪で冷えるので手首や足首をさわってみる冷たかったりします。温かい食べ物や飲み物をとるようにしてください。

最新記事

  • 私達の勉強会

    平成28年7月 薬剤師会の勉強会 『疼痛疾患の中医診断・治療・病例検討』 中医学講師 高橋楊子先生(舌診の基礎など著書多数)  「真の疼痛治療は対症療法のほかに個々の異常を分析しながら弁証論治による根本治療を施すべきであ …

    平成28年7月 勉強会

  • 病気と漢方

    腎臓は簡単に言うと尿を作る工場  血液中の尿素・尿酸・クレアチニン・食塩・電解質・水などで尿を作って排泄します。  腎臓の悪い人はタンパク質を制限しますが、それはタンパク質が分解してアミノ酸になり、体内で利用された後アン …

    腎臓の話

  • 病気と漢方

     不老長寿はいつの時代も人の願いだと思います。黄帝内経の上古天真論に百歳になるまで生き、しかも行動や精神が衰えずにいるにはどうしたらいいのか、その養生が書かれています。  中国の清の時代に皇帝への献上品の三宝といわれるも …

    不老長寿(アンチエイジング)

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

平成28年7月 勉強会

平成28年7月 薬剤師会の勉強会

『疼痛疾患の中医診断・治療・病例検討』 中医学講師 高橋楊子先生(舌診の基礎など著書多数)

 「真の疼痛治療は対症療法のほかに個々の異常を分析しながら弁証論治による根本治療を施すべきである」という考えにたち疼痛の中医学的捉え方・いろいろある疼痛疾患中で頭痛・腰痛について講義して頂きました。

 疼痛を引き起こす原因は外因と内因があり、外邪(風邪・寒邪・湿邪など六淫と言われる邪気に侵入)・精神的ストレス・瘀血など体内に出来てしまった邪気・気機の失調は実証にあたります。実邪により経絡の流れがわるくなって『不通則痛―通じざれば則ち痛む』で痛みがでる。

 また、虚証は気血不足・臓腑の虚弱・陰陽失調などの場合経絡が滋養されず通じにくい為『不栄則痛―栄養されなければ則ち痛む』で痛みがでます。痛みは前者の痛みの方が強い痛みになります。

■疼痛に対して、色々な情報を手がかりにします。

・中医学においては痛みの部位は?
・どんな痛みか?(しくしく痛む・酷く痛む・おもだるく痛む?などいろいろ)
・どんな時に痛むのか?あるいは痛みが強くなるのか?
・季節性はあるか? 朝痛むあるいは昼痛むなど痛む時間帯があるか?
・どんな時に痛みが酷くなり、どんな時に軽くなるか?(例えば温めると楽、逆に温めると痛むなど)
・痛みに伴って出る症状があるか?(例えば頭痛と肩の張りとか)
・舌の状態(舌診)

【頭痛】

頭痛がするパンダ 医学的には機能性頭痛と器質性頭痛に分類します。
 ■機能性頭痛…偏頭痛・緊張性頭痛・群発頭痛
 ■器質性頭痛…目の異常(緑内障など)から・耳の異常にから・鼻の異常にから・歯の異常から
 ■危険度の高い頭痛…頭部外傷性・脳血管障害性・感染症による頭痛(髄膜炎など)

 中医学では外感と内傷に分けて考えます。外感は外邪の侵入が原因で内傷はストレスや飲食の不摂生や過労により、五臓の機能低下や気血不足によって引き起こされる痛みの事で、最終的に不通則痛・不栄則痛に至ります。

 ■外感頭痛
  ①風寒頭痛…寒冷による誘発、増悪・痛みが強く項背部につながる
  ②風湿頭痛…熱や暑により誘発・増悪・頭の張痛・熱っぽさを伴う
  ③風湿頭痛…頭重・戴帽感・雨や湿気で誘発・身体が重だるい・食欲不振・軟便

 ■内傷頭痛
  ①肝陽頭痛…頭の両側が張って痛み、精神的な事で誘発、増悪。肝鬱気滞と肝火上炎。
  ②気血両虚頭痛…慢性的な頭痛(弱い頭痛)・過労により誘発・増悪
  ③腎虚頭痛…慢性的な弱い(頭が空のような感じがする)頭痛で疲労により誘発・増悪。腎陰虚と腎陽虚と陰陽両虚がある。
  ④痰濁頭痛…頭重痛・戴帽感・湿気や雨に誘発されめまいや吐き気を伴う事が多い
  ⑤瘀血頭痛…刺痛・固定痛。ストレスや寒冷により誘発、増悪する。

【慢性腰痛】
 
腰を痛めるパンダ 慢性腰痛の病因病機 外因と内因がある

 ■外因…風寒湿による腰痛
  風寒湿などの邪気が経絡に侵入し気血の流れが阻滞し、不通則痛で痛みが現れる
  時に下肢に痛みや痺れが放散する。
  時に腰が重だるく痛む
  関節のこわばり・スムーズに屈伸できない・下肢の浮腫みなど
 
 ■内因…肝腎脾の虚による腰痛
  過労・加齢により肝腎が虚し、精血が不足し筋骨を養う事ができない為 不栄則痛で痛む
  過労や飲食の不節制により脾腎が虚し、気血が不足した為 不栄則痛で痛む
  腰が鈍く痛む・だるく痛む、・過労や寒冷により痛みが誘発・増悪する・屈伸不利・硬直・足の痺れ・麻痺・筋肉の萎縮・倦怠無力・冷え・めまい・耳鳴りなど伴う
  *臨床では虚実挟雑が多くみられる

 ■症例2例
  ①気血両虚の頭痛の臨床例 
   使用した方剤…婦宝当帰膠・冠元顆粒
  ②腎陽虚の腰痛の臨床例
   使用した方剤…独歩顆粒・冠元顆粒・活楽宝