ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

梅雨になりました。
空はどんよりして、蒸し暑く空気ばかりでなく気持ちも重くなりがちの季節です。

蒸し暑くなってくるので熱中症に注意!
  脾は湿を嫌うといいますが、湿邪によって脾の働きが悪くなると脾と母子関係にある肺
  の宣発作用も影響をうけます。すると良い汗がかけなくて暑さが身体にこもり熱中症の
  心配もでてきます。生姜・白葱・紫蘇などをとって発汗をうながしましょう。

でも、汗のかき過ぎにも注意!
  汗をかきすぎて脱水傾向になると汗になる素(身体の水分)が減って汗をかきにくくなり
  ます。中医学で『汗は心の液』といい心津液(心陰)の不足につながります。また汗ととも
  に気も外泄してしまい、気津両虚になります。
  汗をかいたら経口補水液を摂るとともに心を守る為に麦味参顆粒も飲んでおきましょう。

水虫を退治!
  水虫は身体のカビ!清潔と乾燥は基本です。
  ・お風呂に青森ヒバ入浴オイルを5滴!あがりの洗面器に1滴!(予防にも良いです。)
  ・足を洗ったら石鹸分はよく落としてください。
  ・お風呂からあがったら指の間の水分もよくふいて華陀膏をつけておきましょう。
  ・爪白癬には紫根の入ったアンカビンをお薦めしています。
  ・湿熱に対抗するため五行草茶を毎日のんでおきましょう。

薬眞堂狭山台店からのお知らせ
  *7月13日(木曜日)10:00から14:00(午後2時までになります。)
  *毎月第3木曜日はお休みで、中医学の講座をしています。
    中医学基礎講座の3回目
      7月20日(木) 10:30~12:00 費用500円
      今回は中医学の診断(望診・聞診・問診・切診)です。
      *今回から参加の希望の方は資料の準備の都合がありますので前日までにお申し出下さい。

最新記事

  • 私達の勉強会

    平成29年6月18日 中医学の勉強会 『中医腫瘍ケア講座』 (広島大学名誉教授 仲田義啓先生をお迎えし 日本橋兜町でおこなわれました) 霊芝胞子と木鶏の薬理研究・・・・・・仲田義啓先生   薬物治療学の観点から 薬が効く …

    平成29年6月 勉強会

  • 私達の勉強会

    平成29年5月21日 中医学の勉強会 『中医学舌診・脈診における臨床応用』 上海中医大学日本校教授 高橋楊子先生(中医舌診・証の診方・治し方など著書多数)  舌診 舌は健康のバロメーター「内臓の鏡」と称されるように舌によ …

    平成29年5月 勉強会

  • 私達の勉強会

    平成29年4月16日 中医学の勉強会 『悪性腫瘍の弁病と弁証』 中医学講師 鄒 大同先生(臨床家の為の中医腫瘍学 編著) 1、西洋医学の弁証  西洋医学の診断方法   腫瘍の種類   悪性腫瘍の病名と発生頻度   癌の細 …

    平成29年4月 勉強会

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

平成29年6月 勉強会

平成29年6月18日 中医学の勉強会

『中医腫瘍ケア講座』 (広島大学名誉教授 仲田義啓先生をお迎えし 日本橋兜町でおこなわれました)

霊芝胞子と木鶏の薬理研究・・・・・・仲田義啓先生

  薬物治療学の観点から 薬が効くとは?
   ・薬が効くあるいは効かないの判定は?
   ・低濃度での作用発揮する可能性は?
   ・医薬品を安全・効果的に使用する。
   ・何故 薬を減らせないのか?について問題提起
  木鶏丹の薬理作用の研究
   ・肝障害モデルマウス(アセトアミノフェン大量投与誘発肝炎マウス)に対する木鶏エキスの効果
   ・トランスアミナーゼ活性値について
   ・複方木鶏抽出物及びジュグロンはHepG2細胞に細胞死を誘導した。

『癌毒』対策・・・・・・・中医学講師 鄒大同先生(編著:臨床家のための中医腫瘍学)

  ・悪性腫瘍の基礎知識  現代医学と中医学の方法論の違い
  ・中医腫瘤学の病機
    1、局所の病気で無く全身の病気
    2、複雑な病因→臓腑気血機能障害→腫瘍の発生
    3、病機 正気不足+気滞、血瘀、痰凝、熱毒、湿聚→癌毒内結
  ・《正気の虚(気虚・血虚・陰虚・陽虚) ⇔ 邪聚》・・・癌毒の発生
  ・古典にみる毒
    『毒。厚也、害人之草、往々而生、従屮従毒』身体に生い茂る毒の草のようなもの
  ・中医学における毒の概念
  ・癌毒の概念
  ・癌毒の由来
    ①外感邪毒…外感邪毒を感受する事により臓腑経絡に留まり、気血運行阻滞し癌毒となる
    ②七情鬱毒…臓腑機器の鬱滞と逆乱・津液の運行停滞による痰・血の運行阻滞による瘀血→痰瘀互結→癌毒
    ③飲食醸毒…長期多量の飲酒・熱い飲食・塩漬け・燻製などの摂取により、内湿の毒と熱毒→癌毒
  ・病機と病証
    ①寒毒内結…寒毒の感受または内生→腫塊・痛・低体温
    ②風毒内擾…風毒外感…気血津液の阻滞により痰核→多発性体表腫塊
       肝風挟毒…内風+毒→脳転移など《進行性眩暈・頭痛・四肢麻痺》
    ③痰毒内結 痰→痰核(頑痰)→癌毒(時に経絡に流注すると転移性腫塊)
    ④瘀毒阻滞 気滞血瘀による硬い腫塊・激しい疼痛・繰り返す出血
    ⑤湿毒内停 腹水・胸水・体表のがんの壊死や癒合できない潰瘍などは水湿内停あるいは湿毒内停と関連する。
    ⑥熱毒熾盛 癌性発熱や感染症の合併、面赤・口渇・発汗・皮膚斑疹・出血・意識障害など熱毒の症状がみられる。
  ・癌毒の特徴 深い毒根・険しい病勢・多彩な伝変・正気を大いに損傷する
  ・陰陽属性
    ①腫塊は陰に属する
    ②初期は陰証が多い・・・邪陰
    ③病理変化は陽に属する・・・絶えず増殖・転移
    ④癌毒は邪陰邪陽の合わさったもの(体陰性陽)
  ・対応
   ①解毒
    扶正解毒…霊芝・チャガ・西洋人参等
    袪風解毒…水蛭・蟻・蠍等
    化痰解毒…健胃顆粒・温胆湯等
    化瘀解毒…丹参製剤・水蛭など
    化湿解毒…チャガ・雲芝など
    清熱解毒…白花蛇舌草・牛黄など
   ②攻毒(毒をもって毒を制す)附子・蟾酥など

星火霊芝宝とシベリア霊芝の特徴・・・・中医学講師 何暁霞先生

   星火霊芝宝・・・赤霊芝の胞子(赤霊芝1kgから1gしかとれないが作用は赤霊芝の75倍)
     破壁について
      霊芝胞子はキチンとデキストランの硬い膜に包まれているので膜を破る
      この破壁の技術は優れていて98%以上の破壁率、また均一さも保たれている。
     栽培法
      鍛木に植えつける。これは原木とは違い生えている木に植えつける方法
       10月~11月植え付け
       4月 発芽後、小さい芽を取り除く
       5月袋をかぶせる(6~7月頃胞子が放出されるのを集めるため)
     特徴
      1、最古の書物『神農本草経』で上品とされている。これは身体を養い、長寿の役に立つというもの
      2、もっとも価値のある赤霊芝胞子
      3、脂溶性成分のため細胞膜を通しやすい
      4、食欲増進
      5、心気を補い、心神を安定する。
   シベリア霊芝・・・白樺の樹皮の下で成長し樹皮をやぶって菌核をつくる。
     ロシアのマースレニコフ博士はモシクワ郊外の病院につとめたが、農民に癌がほとんどないのは
     何故かを調べ、チャガとよばれてりるキノコをお茶にして飲んでいる事がわかった。
     その後このキノコの研究がすすめられた。
     中医学では 気を益し、脾を健やかにする。肝腎を調節補う。解毒し、湿を利するといわれ、
     それを目標にすすめられている。