ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

やっと春めいてきました。花盛りの季節です。でも気温は不安定で風が吹くことも多い季節です。春は五行の木(木)、五臓では肝の季でにあたります。木が伸びやかに枝を伸ばし、芽が伸び、つぼみが膨らむように冬の間内に貯えられた陽気を外に発散する季節です。こころも身体も縛らずにゆったりした服をきて、ゆっくりのびのび過ごしてください。そうもいかない時は、紫蘇・三つ葉・セロリ・セリなど香りの野菜を食べたり、ミントティーやを飲んだりすると気を巡らし発散する助けになります。また 少し汗ばむ程度に楽しんで身体を動かす事も春に良い事です。

春は肝で“目に開竅す”といい、かすみ目・目の疲れ・目のかゆみ、充血など目のトラブルも多い季節です。こういう時に良いのが香菊花(シャンギクカ)です。甘菊の花のエキスで人気があります。お試し下さい。

狭山台店は第3木曜日は中医学講座を行っています。お店は休業です。

  4月20日(木曜日)10:30~12:00

   生活に役立つ中医学講座

    『風邪の予防と治し方』

   受講費500円(資料代含む)

   希望の方はお申し出ください。

   (漢方薬に馴染みがないけどどんなものか知りたいという方も歓迎です。)

最新記事

  • 私達の勉強会

    平成29年3月12日 中医学の勉強会 健康長寿と微小循環 中医学講師 劉 文昭先生 ■中医学から診た自律神経失調症候群(Mind-body Science No.9)掲載 劉先生 上記の論文の内容について  自律神経失調 …

    平成29年3月 勉強会

  • 私達の勉強会

    平成28年11月20日 中医学の勉強会 よくある精神問題の中医学分析 中医学講師 何暁霞先生 ■うつ病は脳とこころの両面でとらえる。 ■うつ病とうつ状態の違い。  ・うつ状態…抑うつ気分・落ち込み・意欲減退・思考力低下・ …

    平成28年11月 勉強会

  • 私達の勉強会

    平成28年10月16日 中医学の勉強会 頂調顆粒(川芎茶調散)と五官病 中医学講師 仝選甫先生 五官病…耳鼻科と眼科領域の症状を持つ状態のことです。 ■耳鳴 蝸牛の循環が悪い状態→突発性難聴や耳鳴に発展  ・原因 ストレ …

    平成28年10月 勉強会

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

平成29年3月 勉強会

平成29年3月12日 中医学の勉強会

健康長寿と微小循環 中医学講師 劉 文昭先生

胸を痛めるパンダ
■中医学から診た自律神経失調症候群(Mind-body Science No.9)掲載 劉先生
上記の論文の内容について

 自律神経失調症による不調に対して医学的生理化学的検査では異常が認められない為、西洋薬による改善が難しい。
 一方自覚症状が重い人はかなりつらい状態にあっても理解されない事が多い。これに対し中医学が効果を発揮している。
 中医学的にはウツ証に属する。『気血は通順であれば、万病生ぜず』とある。

 思慮過度・激しい感情の変化・うつや怒り
  → 肝を損傷
 暴飲暴食・不規則な食生活
  → 脾を損傷
     ↓
    気の停滞
     ↓
    肺・脾・腎・三焦の気化作用の失調
     ↓
    痰湿・瘀血

 つまり自律神経失調症に対し、気滞・痰湿・瘀血で捉えて治療を行う。

■冠元顆粒について
 活血化瘀薬 + 理気薬の配合

■血瘀証について
 診断の基準
  1、舌質紫暗・瘀斑または瘀点・舌下静脈の拡張
  2、固定痛
  3、病理的腫塊
  4、血管異常
  5、うっ血
  6、月経不順・月経痛・経血に塊がある
  7、顔・唇・歯ぐき・目の周りが紫・黒・暗
  8、不整脈
 婦人病・皮膚病・痺証における診断
 その他 微小循環障害・血流変性の異常・血小板凝集性増大・病理的異常など現代における検査技術により知りえた血管の閉塞なども血瘀証と考えられる。

 *店頭における血瘀証の指標『色暗・腫塊・疼痛・・・痛む・しこる・黒ずむ』

 *店頭において多くみられる血瘀証・・・赤血球増多症(多血症)・血小板増多症・高カルシウム血症

 *認知症と血瘀症

 *症例検討2例
 ≪薬局の店頭で血瘀証は多く見られます。、気滞血瘀・寒凝血瘀・血虚・気虚・陰虚・陽虚・外傷など原因は様々です。
  血の巡りが悪いという程度から血栓まで瘀血の程度も様々です。血瘀の場所、程度により方剤を変えたり、
  原因も考慮しながらやっています。≫

平成29年3月 薬剤師会勉強会

幼児期の子供の特性~子育ての宝さがし~ 武蔵野短期大学付属幼稚園園長 酒井 幸子先生

 乳幼児期
  0~2歳 感覚的・運動的 施設:入園前、家庭
 幼児期
  3~5歳 直接的・身体的 施設:幼稚園・保育園・子供園・・・聴覚言語の発達
  6~8歳 論理的 施設:小学校・・・視覚言語へ展開

 幼児教育・保育・・・乳幼児期の特性や発達を考慮し、遊びや環境を重視し保護、育成すること
  特性:依存から自立に向かう
  発達:
   ①自然に成長していく力
   ②周囲の環境に能動的に働きかけようとする力

 施設と制度
  幼稚園 幼稚園教諭 小学校からの教育の基礎
  保育所 保育士 保護者の委託により保育
  幼保連携認定子供園 幼稚園教諭+保育士の両資格
            教育+保育+子育て支援(平成27年4月発足の新制度)

 薬剤師のできる事(求められれる事)
  環境の工夫
  情報の提供(子育て支援情報など)

 *薬局において困った事など 質疑応答
 ≪漢方薬局には子育ての悩みをもつ親御さんも多くいらっしゃいます。特性を知った上で個々の理解と寄り添い向かわす
  という事が大切だと感じました。≫