病気と漢方

2018-07-03

「現在、人は遺伝子的に120歳までといわれているけど、将来150歳までになるといわれだしているそうだよ。」
「そうするとやはり腎を補わないとね。」
「さらに肝も重要だよ。肝の事を言わない人もいるけどね。」
「でも、脾胃が弱いならいくら補腎しても無駄でしょ。脾が気血生化の源なんだから気血が補充されなければ腎も肝も養われないわけだし。」
「それはそうだ。」
というのは今朝の会話です。

中医学的に人生とは腎精だともいえます。腎精がつきれば人生もおわります。
腎には命門の火と命門も水があります。陰陽の根本である真陰・真陽も腎にあります。
『腎は生長・発育・生殖を主る』ですから、お母さんの体内で命の火を灯した時から腎の機能によって生長してきたといえます。私達が生まれ生長し・次の世代へ命をつなぐ仕組みは腎の力によるものです。
だから腎は解剖学的な腎臓でなく、つくり育てる事に関わるすべての営みが腎気、その力の元が腎精でそれらを主るのが腎です。
遺伝的に人生150年が可能になるという事は先天の本である腎(腎気・腎精)がより充実したに他なりません。

昔の書物に50代になると肝気が衰え始め、60代は心気が衰え、70代は脾気が衰え、80代は肺気が衰え、90代は腎気が衰え、100才になると五臓すべてがすっかり弱ってしまうとなっています。
腎気は命と関わっているので最後に衰える臓になっていますが、実際は腎気の力を表わした曲線は生まれたときから上昇し女子7×4才(28才)・男子8×4才(32才)をピークに下降していきます。だから下降曲線をゆるやかにしたいなら腎精を補うと良いわけです。

50代にまず肝気が衰えるのはうなづけます。その頃視力の衰えを感じる人は少なくないと思います。『肝は目に開竅する』といって肝の状態は目に表れてくるからです。
私は近眼ですが50才を超えた頃から近眼のめがねで本が読みにくくなり、始めは度をおとすくらいで大丈夫でしたが、今は遠近両用を使っています。
また、『肝は筋を主る』『華は爪にある』といい、足などの筋がつりやすくなったり、爪がもろくなったり、柔軟性を失って硬くなったりします。
さらに『肝は血の蔵』なので、肝が衰えると血の滋潤作用も低下し肌の乾燥・しわやしみが増える・髪がパサパサして白髪も増えるなどの症状がでてきます。
婦宝当帰膠で肝血を補ったり、杞菊地黄丸などで肝腎を補いましょう。

60代になり心気が衰えるとと動悸がしたり、気が弱くなってくよくよ考えたり、眠りも浅くなったり・小さな事で不安になったり涙もろくなったりします。
心には心臓の血液を送り出すポンプの働き(血脈を主る)と思考(神を臓す)する働きがあります。
例えばいやな話しを聞いて「心臓がどきどきして不安になった。」という場合心の2つの働きが影響を受けていると言えます。
動悸・息切れ・口が乾くなどの時は麦味参顆粒、
動悸・眠りが浅い・くよくよ考えやすい・物忘れが多いなどの症状がある時は心脾顆粒を、動悸・寝つきが悪く眠りも浅い・気持ちがざわざわする感じがする・舌がぴりぴりするなどの時は天王補心丹を服用すると良いです。
また心の駆血作用がよわまり瘀血がある時は冠元顆粒を併用すると良いです。

70代は脾気が弱るので、栄養の消化・吸収や水液代謝などが弱ってきます。さらに、脾気の統血作用が弱くなると出血傾向になります。疲れ易くなり、中気が落ちると内臓が下垂します。
補中益気湯・心脾顆粒・健胃顆粒・健脾散などで脾気を高めましょう。
脾は肺と相生関係で脾の衰えは肺の衰えにつながっていきます。
気血生化の元ですから、脾気が衰えると五臓全部が養われないのでしっかり補いましょう。

80代肺気が衰えます。『肺は嬌臓』といわれています。外とつながっている為に細菌やウイルス・ほこり・花粉・カビなど外界の影響をうけやすいからです。
鼻・喉は肺衛といって侵入者を入れないようにしている部分ですが、そこも弱くなって邪気を入れやすくなります。衛益顆粒(玉屏風散)・麦味参顆粒などで力をつけるとともに、風邪の季節には板藍茶で守りを強くしましょう。
また時にシベリア霊芝などを飲んで免疫力をアップしましょう。

90代は腎精を補いましょう。力のつくものが良いです。亀鹿仙・参茸補血丸・参馬補腎丸など精つくものを飲んで身体を滋養しましょう。

この養生法は先回りするのがベストです。衰えてから補うのでなく衰える前に補うのが未病先防の心得です。

*私自身は昨年の夏に胃腸を弱くしたので健脾散又は健胃顆粒・五行草茶・冠元顆粒をお湯に溶かしてのんでいます。
数年前に60代になり「あれ・これ」が増えたので毎朝のカフェオレに香ロゼア2袋をいれています。

健忘に良い心脾顆粒も1日1回はのんでいます。
すべて脾にやさしい漢方薬です。
あと薬膳としてヨーグルトに枸杞の実・なつめ・くるみなどを入れています。
老人性疣贅の予防のため薏苡仁をご飯に炊き込んでいます。
腎精を補う為、亀鹿仙を週に2~3回飲んでいます。
元気で一生中医学と関わって行きたいと思っています。

2018-02-25

胸を抑える女性先週 俳優の大杉漣さんが66歳という若さで急性心不全でなくなり、世間を驚かせました。
ドラマやバラエティーなどに出られていてそんな事がおきるなんて想像できない程元気に活動されていました。

心不全は心臓の働きが低下して、全身に血液を送る事ができなくなる状態の事で、急性の場合はなんらかの原因で急激に心臓の機能が落ちた事になります。
心筋梗塞などの虚血性心疾患が最も多い原因になるそうです。

狭心症や心筋梗塞は中医学で言えば瘀血です。
しかし心不全の状況に陥っている状態は心気不足が中心となります。

瘀血を中心に考えれば循環系の瘀血に使われる漢方薬の代表は冠元顆粒や血府逐瘀湯です。瘀血の原因は様々ですが、気滞血瘀・寒凝瘀血・陰虚瘀血・血虚血瘀・気虚血瘀などありますが、やはりストレスなどの気滞血瘀はトップといえそうです。

「楽しく自由にくらしているからストレスはないです。」
「ほんとうですか?」
「ストレスを精神面だけでとらえていませんか?」
「自分の生きがいや楽しみのために自分の身体に過分なストレスをかけていませんか?」
「食べたい放題、飲みたい放題で身体にストレスをかけていませんか?」
「身体にやさしい食事や食事のとり方をしていますか?」
「早寝早起きして身体を充分に休め、リズムをつけてあげていますか?」

そう考えると自分の身体をなおざりにしていませんか?
達成感は疲労感を隠蔽するという事があるそうです。

また冬の寒い時期、特に今年は寒かったですが寒さは血を凝滞するといいます。それを寒凝血瘀と呼びます。

寒い時は注意が必要です。
まず、物理的にも身体を温める事、また温かく消化がよくエネルギーになる食べ物を摂る事が大切です。また瘀血の予防に活血化瘀の働きの漢方薬を飲んでおいたりサージや田七などで食養生したりも良いと思います。

中医診断学からみれば病気に突然はありません。必ず症状として出ていたはずです。瘀血なら痛む・しこる・黒ずむが3大症状といわれていますから、どこかに痛みや黒ずみ、あるいはしこりが出来ていたりしていたかもしれません。

年齢とともにゆっくり進行するのが慢性の心不全です。
これは貧血が原因でおきる時もあるそうです。貧血だと全身に充分な酸素を運ぼうとして心臓は働き過ぎになり心不全をひきおこすそうです。
また、血液中のたんぱく質の濃度が著しく低下すると血液中の水分が血管から漏れやすくなり肺に水が溜まったりしやすくなるそうです。

心不全の症状は手足の冷え・倦怠感・夜間尿・食欲不振・お腹が張るなどがあります。また、動機が起こりやすくなり、横になると息苦しいなどの症状もみられるそうです。

心臓の力不足は心気虚・または心陽虚です。
それに心血虚や心や肺の陰虚・また水腫の場合は水気凌心など様々な捕らえ方があります。

でも心は疲れて動けない状態ですから、心気は補っておかなければなりません。
それには心気と心陰も補える麦味参顆粒が倦怠感もとれてとても良い方剤です。
もし冷えが酷いなら真武湯などの附子剤が有効です。

心臓も身の内ですから、身体が元気になれば心臓も元気になるはずです。

2017-11-27

中高年の病気以前NHKの認知症の番組で認知症かと思っていたら慢性硬膜下血腫で手術に認知症状が消えた・・・というのをやっていました。
ころんで頭を打ったり、比較的軽い外傷がもとで硬膜とくも膜の間に血腫ができるのを慢性硬膜下血腫といいます。
はじめは症状はありませんが、ジワジワ出血が続いて2ヵ月くらいすると血腫が大きくなって脳を圧迫する為症状がでてきます。
気力がなくなってきて動作が緩慢になり認知症のような症状が出たり、さらに血腫が増大し意識障害をおこしたり、呼吸中枢に及ぶと危険な状態になります。
頭蓋骨に穴をあけて血液を抜くそうですが、酷くなると症状に応じた手術になるそうです。軽いうちなら後遺症もなく改善しますが症状が進行していると軽い後遺症が残るという事です。
中高年に多く特にアルコールを飲む人に多いとなっています。

その番組では軽くお玉でポンと頭をたたいただけでもなってしまう人もいると言っていました。
びっくりですよね。
私もおっちょこちょいなので頭をぶつける事があります。例えば探し物をしていて頭の上の扉を開けているのを忘れて立ち上がって「痛っ!!」とか・・・
結構つよく打ったのに慢性硬膜下血腫になったわけではありません。

しかし 立ち上がった時頭をうって慢性硬膜下血腫になり手術をして血液を抜いたという話は何度か聞いています。
何故中高年になると増えるのでしょう。また何故アルコールを飲む人に多いのでしょう。
つまり出血し易くまた止まりにくくなっているという事でしょう。
これを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?
中医学の智恵で考えてみたいと思います。

まず外傷の止血という事で思い浮かぶのは田七です。
田七は別名三七とか田三七とか言ったりします。
中薬学には『田七は甘緩温通し苦降下泄し、散瘀止血・消腫定痛の効能をもち、一切の血証に効果を示し止血して瘀をとどめる弊害がないので、止血の要薬になっている』と書かれています。

『血証』とは出血傾向になる病態の事で、鼻血・歯ぐきの出血・痰に血が混じる・吐血・便血・尿血・皮下出血など色々です。
田七は出血の時の要薬ですのでまず田七は使いたいものです。

また『血証』の弁証から考えれば身体の状態をみていかなければなりません。
血熱・気の不足による統血不足・そして瘀血があります。

まず血熱ですが、これはアルコールの多飲とも関係があります。
例えば一般に酷い怪我の時・のどが赤く腫れて傷むとき・胃炎をおこしている時などアルコールを避けるのではないでしょうか?
それは炎症を起こし充血している状態を悪化させない為です。
血熱とは出血傾向、充血状態つまり毛細血管が拡張して出血しやすくなっている状態です。
沢山お酒をのんだり、辛いものの食べすぎなどから血熱を生じる事もありますし、更年期の陰血不足の時期にストレスによってなる事などもあります。
その場合は涼血止血と言う方法を用います。
たとえば 清営顆粒などです。

年齢とともに気血は不足してくるので気の固摂作用の失調により統血できずに出血傾向になるのは多く見られます。
胃腸機能が弱いと気血を作れず統血不足を起こす事もよくみられます。
その場合は心脾顆粒(帰脾湯)などです。

瘀血も年を重ねると多くなってきます。血行障害・うっ血など痛む・しこる・黒ずむの三大症状がある人も少なくないと思います。
田七はすべての血証に使えますが、散瘀(瘀血を散じる)働きがあるので、他の活血化瘀薬と一緒に使ったり単味で使うのも良いと思います。

田七は毎日少しずつ飲んでいくと良い物の1つだと思います。

« 次の記事へ